AI革命こそ「ポストスマホ」の最有力候補だ

アマゾン、アップル、グーグルがこぞって参入

今年5月、米グーグルは本社近くで、年に1度の開発者会議「I/O(アイ・オー)」を開催。AIに注力する方針を明らかにした

データこそがAIの品質のカギ

ただし、クラウドAI同士の争いはまだ黎明期だ。覇権を握るチャンスはIT大手だけでなく、多くの企業に残されているともいえるだろう。

では、勝敗を握るカギはどこにあるのか。各社のクラウドAIは主にディープラーニング技術を用いているため、その技術や仕組みに大きな違いはないともいわれる。実際グーグルは、自社で使用している人工知能のソフトウェア「TensorFlow」をオープンソース化しており、誰でもAIのアプリケーション開発ができる環境を整えている。

そこで差別化の重要な要素となるのがデータだ。ディープラーニングは多数のデータからコンピューター自身が学習することで進化する仕組みである。そのため、どれだけ多くのデータを集めて学習させ、AIを進化させられるかが、クラウドAIの質に大きく影響してくる。データを握る者が、クラウドAIの覇権を握るといっても過言ではないのである。

そしてより多くのデータを集めるためにも、今後クラウドAIを提供する各社は、多くのデバイスやアプリケーションにAIを搭載し、利用シーンを大きく広げてくるだろう。そうした競争の激化によって、われわれの生活には自ずとAIが入り込み、いずれ生活に大きな影響をもたらす可能性が高まるといえそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。