男性の不調を改善!「開脚ストレッチ」のコツ

疲れない、老けこまない体はこうしてつくる

「体を後ろに倒す開脚」(写真提供:KADOKAWA)
① 床に座り、ソファーなどの座面の縁に背中をもたせかける
② 体の力を抜き、開脚する。無理のない角度でOK
③ 胸を張るようなイメージで上体を伸ばす
⇒30秒間×2回

両脚を上に上げるだけでも「むくみ解消」の効果

■「疲労回復」開脚ストレッチ

疲れると運動する気が起きない――。確かにその気持ちはよくわかりますが、だからといってそのまま動かずにいると、ますます疲れやすい体質になってしまいます。日頃から疲れやすいという人は、できる範囲内で体を動かす習慣をつけることが大切。そこでおすすめしたいのは、壁を使った「疲労回復」開脚ストレッチです。

1日中デスクワークなどをすると、よく脚がむくんだりしますが、両脚を上に上げるだけでも「むくみ解消」の効果があります。それに開脚ストレッチを加えることで、股関節の柔軟性も高まります。下半身の血流はそけい部(脚の付け根の腹部側)に集中しているので血流が促され、疲労が回復するという仕組みです。

ちなみに、相撲の力士がよくやる「四股(しこ)」は、開脚ストレッチと同様に下半身の血流を促す効果があり、お尻、前もも、内もも、もも裏をすべて伸ばせる、実はとても効率的なストレッチです。これはまさに先人の知恵でしょう。

「むくみ解消」の効果が(写真提供:KADOKAWA)
①壁にお尻をつけ、脚を床に対して垂直に伸ばす
②左右に脚を開き、無理のない角度で開脚する
⇒30秒間×2回
次ページ続いて、四股の要領で
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。