男性の不調を改善!「開脚ストレッチ」のコツ

疲れない、老けこまない体はこうしてつくる

『体がかたい人でもラクに開脚できるようになる本』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

■「メタボ解消」開脚ストレッチ

お腹まわりが出てしまうのは食べすぎのせいもあるのですが、姿勢を維持するための筋肉が弱っていることも原因の1つです。お腹を凹ませるために体幹トレーニングに励む人は多いのですが、より簡単という意味で「メタボ解消開脚ストレッチ」も効果的です。

開脚をして、まっすぐ上体を立てているときに、腹筋と背筋を使います。この姿勢を体に記憶させると、腹筋と背筋を無意識で使えるようになるので、体が自然と締まってくる。結果、お腹が凹んでいくという仕組みです。

姿勢を体に記憶させることが大事(写真提供:KADOKAWA)
①自分のできる範囲内で開脚をする
②手と一緒に背筋を伸ばす。上半身だけ「気をつけ」のイメージで
⇒10秒間×3回

とにかく“気持ちよく”なりましょう!

以上、男性ならではの体に“効く”4パターンの開脚ストレッチ法を簡単に紹介しました。とにもかくにも「自分ができる範囲内」を意識し、無理せず自分なりにトライしてみてほしいと思います。

取り組むことで体各部の調子が上向いていくのはもちろん、何より“気持ちいい”感覚を覚えるはずです。

実はそれこそが、日頃“闘っている”男性ビジネスパーソンが「開脚ストレッチ」に取り組むことの、最大のメリットなのかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。