2人の娘を虐待する夫にどう対応するべきか 幼児虐待を傍観しているのは同罪です!

✎ 1〜 ✎ 213 ✎ 214 ✎ 215 ✎ 最新
拡大
縮小

憂子さんはぴんぴんしていて、長女は母親宅で出入り禁止中でした。憂子さんとその長女が元夫の再来かと思うほどうそつきで働かず、借金をするのが平気な子だと言います。

その長女は、私が母親である憂子さんに電話すると自分のうそがばれるのに、それを拒否する判断もつかないようで、平然としてヘラヘラ笑っていました。幼児期に受けた母親の激しい暴力が、長女を「壊した」としか思えません。ちなみに、愛情を一身に受けた次女は高校の教師になっていました。

緊急避難しよう

各市町村には、子ども虐待防止に関する相談窓口があります。支援体制が万全でないところもあるそうですが、とりあえず1人で抱え込まず、そのような窓口や頼りになる親戚や友人などの助けを借り、子どもに、父親から離れて暮らす環境を作ってやるべきです。

父親から虐待され、「自殺せよ」と迫られた中学生の少年が、本当に自殺した事件がありました。少年は虐待された外傷の原因を学校の先生に尋ねられても、最後まで父親をかばい、自分1人で負った傷だと言い続けたそうです。

父親をかばって、少しでもその愛情を得たいと思ったのか、本当のことを言って復讐が怖かったのか、父親の暴力が母親にまで向かうのを恐れたのかなど、いろいろ取りざたされました。はっきりしていたことは、母親はその暴力に心を痛め、ときどきは息子に「大丈夫か」と声をかけていましたが、それだけでした。私は母親も、「子どもの死を守れなかった」という意味においては、結果的に同罪だと思います。

お嬢様はパパを拒絶しないそうですが、それが最大の防衛だと本能的に体で覚えた可能性もあります。理由もわからず「パパごめんなさい」と謝るお嬢様は、それで早く、暴力をやめてほしいと懇願しているのです。心にもないことを言うすべを、早期教育しているようなものです。

どんな形でも、母親の責任で父娘を切り離すべきです。大事は突発的で、起こってからでは遅いのです。しかも大事に至らなくとも、今の状態が十分に危険いっぱいな日々だと、あなたが認識して行動するべきです。暴力夫による幼児の殺人未遂を、決して、傍観してはなりません。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT