「朝10分デイトレ」なら会社員でも稼げる?

年収1億円超の元ディーラーのマル秘テク

この手法は、一日中マーケットに張り付かなくてもできるもので、トレードする時間が制約されるサラリーマンにとっては、まさにうってつけです。

なぜ、前場の取引がスタートしたばかりの時間なのでしょうか? それは株式を売り買いしたいと思っている人が少ないため、10分間という短い時間で利益確定できる可能性が高いからです。

あくまでも9時10分までの間に利益を確定させるか、もしくは買った値段に近いところで撤退するというものです。9時10分を過ぎると、徐々に多くの投資家が参戦してくるため、この手法そのものが困難になります。

強い板でエントリーが基本

株価はつねに変動しています。だから、株式投資で利益を得ようと思ったら、将来の株価がどう動くのかがわかれば完璧です。誰でもお金持ちになれます。

でも、現実には、株価の未来を正確に当てることはできません。どの銘柄でも株価がこれから上がるのか、それとも下がるのかは、基本的に誰にもわからないのです。わからないけれども、投資家はみんな、将来の株価がどうなるのかを予測しようとします。

スキャルピング(超短期売買)やデイトレードなどを行っている短期のトレーダーは、ファンダメンタルズよりもテクニカルを重視して、ほかのどのトレーダーよりも早く株価の動きを先読みしようと、独自の視点からテクニカル分析を行うのです。

でも、こうしたテクニカル分析よりも早く、株価の動きを先読みできる方法があることをご存じでしょうか。それが、「板読み」なのです。

各ネット証券会社が提供している板情報には、売りと買いが各10本程度表示されるものと、すべての情報が表示されるものがあります。10本を超えるすべての板情報を見ることができるものを「フル板」といいます。

板情報は、数字の列で表示されています。真ん中の株価を挟んで、左と右にある数字が株数です。左の列は売り株数を、右の列は買い株数を示しています。

基本的に、買いたい人は少しでも安く買おうとしますし、売りたい人は少しでも高く売ろうとするため、板では売り株数が上方に、買い株数が下方に並ぶ形になります。

板には、強い板と弱い板があります。簡単に言うと、次のようになります。

強い板:買いたい人が多い、売りたい人が少ない板
弱い板:買いたい人が少ない、売りたい人が多い板

デイトレードで大事なのは、損失を限定することです。損失をコントロールしつつ、利益を狙うのです。これは、下手なリスクを背負わないようにするうえで、とても重要です。

そのためには、買いたい人が多く、売りたい人が少ない「強い板」を探してエントリーするのがいちばんです。

次ページ強い板の銘柄を探す必要がある理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング