今の日本だと「同一労働同一賃金」はスベる

日本人の意識改革が必要だ

一方、従順な学生にとっては、良い成績を収め、一流企業で安泰な職を得るのが理想の生き方だ。いったん企業に入ると、新入社員は同級生とほぼ同じペースで昇進する。「基本的に、全員が同じ額の給与を受け取っており、そこには『同一労働同一賃金』は存在しない。あるのは能力とは関係のない、同級生内での同一賃金だ」と、慶應義塾大学大学院商学研究科の柏木茂雄教授は話す。プリンストン大学の公共政策修士号を持つ同教授は財務省(大蔵省)に34年間勤めていた経験を持つ。

この「現象」からわかることは、「日本人は順応するために競争することだ」と柏木教授は指摘する。高校生はいい大学に入るために競争する。入学してからは、誰も目立ちたがらず、全員が同じように歩む。そして、有名企業でのポジションを求めて競争する。入社してからは、同級生と同じように昇級することに満足する。米国では同じ大学出身の同級生であっても、能力の高い従業員はほかの社員より2倍以上の給与を得ることは珍しくないが、日本企業では能力に応じてそこまで差が広がることはない。

今の日本は「7人の侍」に出てくる農村

日本では、同一グループ内のメンバーは同等で扱われるべきだという考えが強い。「普通」に振る舞うことで社会的な承認を得ることは、個人のスキルや能力を誇示することよりも優先順位が高い。柏木教授は「まずはこのメンタリティを変える必要がある」と話す。「日本の集団思考がこれを許すかどうかは、また別の話だが」。

現在、日本企業はよりスピーディかつ革新的、そしてグローバルな欧米企業からの外的脅威にさらされている。こうした中、競争力を高めるために設計された労働改革は、おそらく社会的調和を破壊することになるだろう。能力ではなく、年功序列で昇級してきた労働者は、労働改革によって損をするかもしれない。一方、現行制度のままでは、能力の高い新入社員が割を食うことになりかねない。

日本は今まさに、国際競争力を高めるのか、それとも、社会の安定を維持するのかを問われているのである。

柏木教授は現代の日本を、黒澤明監督の『七人の侍』で描かれた、人里離れた農村に例える。作中では、貧しくも幸せな農民たちがある日、完全武装した盗賊たちが作物を盗もうと企てていることを知る。彼らを守ってくれるような統制だった政府もないため、農民たちは知恵者の老人に助言をあおぎ、自ら防衛することを決める。何人かの農民が浪人を雇うため近くの村に赴き、7人の侍が農民の代わりに盗賊と戦うことに同意する。映画のラストでは、農民たちが貧しくも平和な農村生活に戻る――。

次ページ今の日本で得をしているのは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT