今の日本だと「同一労働同一賃金」はスベる

日本人の意識改革が必要だ

今の日本は『七人の侍』に出てくるこの農村と同じ状況にある。すなわち、こんなジリ貧状態の中で、世界から孤立した状態ではやっていけないのである。こうした中、柏木教授は、「一刻も早く、競争力と安定性の間のよりよいバランスを打ち出す必要がある」と指摘する。

しかし、この「新しいバランス」がいつ打ち出されるかは不透明だ。20年間、国の借金が膨らむ中、日本はデフレで活気のない経済状況をさまよってきた。実は今の日本人が「収入以上の暮らしをしている」という現実に向き合いたい人はいない。

年齢と富によって分断されている

既得権益を持った人たちにとっては、今の日本のほうが過ごしやすいだろう。高齢者は特に今の状態に満足している。彼らが日本の世帯における金融資産の3分の2を保有している一方で、40歳以下の若年層の保有率はわずか2.5%だ。高齢者は有権者の44%を占めている一方、20代の有権者は全体の13%しかいない。

労働人口が払っている年金を高齢者があきらめることはないだろうし、既得権益を持つ正規雇用労働者が、喜んでその権利を手放すこともないだろう。こうした「不平等」を見直す日が来るまでは、交渉力を持たない若年層は不利益を被りながらも、静かに苦しむことになる。年齢と富によって分断されたこの国で。

全国民の圧倒的な支持がなければ、政府が改革案を先延ばしし続ける可能性は高い。少なくともアベノミクスの状況下では考えがたい。が、抜本的解決に至らない切れ切れの妥協まみれの改革は状況の改善にはつながらないうえ、タイミング的にも遅きに失する可能性がある。そうであれば、「同一労働同一賃金」の取り組みも、良かれと思って導入されたのに失敗に終わる改革案の1つになるのではないだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT