光のスペシャリスト「ウシオ電機」隠れた実力

プロジェクションマッピング支える名門企業

パリのエッフェル塔の120周年記念イベントでもプロジェクションマッピングが活用された(写真:ウシオ電機)

そして現在、ウシオにおけるプロジェクションマッピングをはじめとするエンターテインメント分野は、さらに重要性を増している。

近年、ウシオの業績を牽引してきたのは、映画向けプロジェクターと、その部品として用いられるランプだった。しかし、ランプを使わない製品が登場したことで状況は一変。装置も、消耗品のランプも大幅な伸びが見込めなくなった。ウシオは岐路に立たされているのだ。

倍々ゲームで伸びる市場でシェア拡大なるか

市場環境の変化を受けて、4月末には新中期経営計画を発表した。2019年度に売上高2000億円(2016年度比15%増)、営業利益150億円(同74%増)を目指す、かなり強気の計画だ。計画では新規事業の育成に重点が置かれている。浜島健爾(はましま・けんじ)社長は「既存事業が鈍化していく中で、新規事業にリソースを振り分けて生産性向上の芽を育てる。光を使った提案型ビジネスに転換していきたい」と意気込む。

その中核を担うのがプロジェクションマッピングを含むエンタメ分野だ。ただ、エンタメ分野でも毎年、さらに高いレベルの技術が求められるようになっている。映像だけでなく、照明や音響との密接な連携が求められるのだ。

そこでウシオもアクセルを踏み込む。4月には新たに、照明や映像・音響を手掛ける子会社を統括する「ウシオエンターテインメントホールディングス」を立ち上げた。今後は子会社同士の連携を加速することでハイエンドなサービスを提供する。電球から音響まで一気通貫でサービスを提供できるのはウシオだけだ。この強みを生かし、一段のシェア獲得を狙う。

前述のシード・プランニングによれば、2017年のプロジェクションマッピングの市場規模は5640億円(プロジェクターや周辺機材、コンテンツ、町おこし効果なども含む)。市場は倍々ゲームで伸びており、プロジェクションマッピング協会は「2018年には1兆円を超える」と予想する。

強烈に伸びていく市場の中で、ウシオはどれだけシェアを獲得することができるか。そして強気の中期計画は達成できるのか。「光のスペシャリスト」にとって、まさに腕の見せどころだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT