「朝、起きた瞬間」バレる!デキない人の3欠点

「出社前の過ごし方」で、すべてわかります

まず、起きた途端にバレるのが、あなたの日頃の不健康さ、とりわけ「禁煙に失敗していること」である。

不健康で、信心深い人々

【1】「禁煙に失敗している」ことがバレる
『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっており、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞も受賞した(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

二流の朝は、たばこを吸うところから幕を開ける

ただでさえ口の中が汚れているのに、それにたばこの臭さを追加するのだから、朝っぱらから迷惑防止条例違反の容疑で検挙されても、致し方あるまい。

おまけに歯を磨いたあとに1本、朝食後に1本、そして出勤前に1本と、たばこを延々と吸っているのだから、手に負えない。

そもそも一流の人は朝起きた途端、野菜ジュースのビタミンで健康極まりないスタートダッシュを切るし、一流の人は歯磨きを徹底しているので、寝起き直後も口が臭くない

これに対し二流の人々は、大量のたばこでありとあらゆるビタミンを破壊し、血管を縮小させ、とんでもない口臭を放ちながら朝を迎えるのだ。

このような人はもはや「あの人は朝から『煙突』と化している」と糾弾されても、いたしかたないのである。

【2】「迷信深さ」がバレる

次に、朝起きた途端にバレるのが、その人の迷信深さである。

これは、日本特有の二流の朝なのだが、朝、今日も元気にご機嫌に朝の支度をしていたら、ニュース番組が突然、「星占い」を発表するのだ。

「見てはいけない」「相手にしてはいけない」と心に言い聞かせつつも、ついうっかり最後まで見た結果、本日の最悪の運勢は百発百中、あなたの誕生月なのだから、朝起きた途端、インケツにもほどがあるではないか。

さらに三流に転落するケースでは、「ポケットにコーヒー豆を忍ばせておけば、運勢が回復します」などという、それはそれは怪しい無責任なお告げを真に受けて、ポケットやカバンに「変なお守り」を忍ばせて1日をスタートさせるのだから、もはや開いた口が塞がらないのだ。

次ページ「朝の5分」、どう使いますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT