AI時代に活躍できる人の「3つのタイプ」 自分の強みと弱みを見直してみよう

印刷
A
A

この心と六感すべてをフルに使って人をもてなす「ホスピタリティ」を発揮できる人。こうしたことが得意な人は、「心地よさ」をもたらしてくれます。「人が好き」で「場に安心感」を生み出すこの領域の人々を、場を和ます人という意味で「モデレーター」と名づけました。

人は一足飛びにイノベーターにはなれない

『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします) 

最後は<右上>です。この領域では、感性・直感が豊かで、かつ問いを立てるという両方ができることが必要になります。既成概念にとらわれず、自分の感覚や発想で、いままでにない新しい価値観を生み出す仕事。まさに「イノベーター」であるといえます。

彼らの発想は今までの考え方とかけ離れていることが多く、周囲からは「ぶっ飛んでいる」とか「ありえない」という感想を持たれることも少なくありません。

そのために、現状の組織や社会においてあまり評価されていないということもあるでしょう。しかしだからこそ、変化していくこれからの時代において「価値を発揮する」可能性が高いともいえます。

この3つの中では、イノベーターがAIの得意な領域と正反対にあり、最も代替されにくいといえそうです。そのため、「どうやったらイノベーターになれるのか」を求めてしまいがちですが、研修のような能力開発の現場で働いていて思うのは、「人は一足飛びにイノベーターにはなれない」ということです。

人には得意分野があります。「感性・直感」が得意な人もいれば、「問いを立てる」ことが得意な人もいます。そういう意味ではいきなり右上の領域にいこうとするよりも、今の仕事で「より感性的・身体的・直感的になるにはどうすればいいか」と考えるか、もしくは「問いを立てるにはどうすればいいか」を考えていくことが、実践的かつ現実的といえるでしょう。

このように、今の自分たちの仕事をこの3つの領域にどう進化させていくかを考えることが、「人工知能時代の幸せな働き方」を生み出すヒントになるでしょう。

皆さんがご自分の仕事に照らし合わせ、どのように進化していくことがこれからの時代に必要なのかということを考える、ひとつのきっかけとなれば幸いです。

(構成:山岸美夕紀)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT