フリン「爆弾証言」あれば、トランプは終わる

「トランプvsミュラー」勝敗の分かれ目とは?

解任されたマイケル・フリン氏は証言に応じるだろうか? 写真は2月10日にホワイトハウスで撮影されたもの(写真:ロイター/Jim Bourg)

ドナルド・トランプ米大統領にとって、いま戦う相手はロバート・ミュラー特別検察官に絞られている。そこのところをしっかり押さえておきたい。ここへきてミュラー氏は、トランプ大統領を司法妨害の捜査対象にし、大統領弾劾に追い込もうと意図している。

この連載の一覧はこちら

ウォーターゲート事件で弾劾の可能性が高まり、辞任に追い込まれたリチャード・ニクソン元大統領も、さらに女性スキャンダルで弾劾寸前にまで追い込まれたビル・クリントン元大統領も、いずれも弾劾容疑は司法妨害だった。

いったいこの2人の勝負はどうなるのか。筆者は1980年代からウォール街で弁護士として仕事をしてきた。その経験から、今後の勝負のポイントを大胆に分析していきたい。

ミュラー氏の「広報戦略」がかえって裏目に

司法妨害の疑いでトランプ大統領を捜査対象にするという情報は、ワシントンポスト紙(6月14日付)によって報じられた。これはミュラー特別検察官サイドがとった、いわば「広報(PR)戦略」である。法律家が事案を有利に運ぶために使う論点の1つだ。

その効果には、プラスもあればマイナスもある。ミュラー氏を超一流のエリートとして尊敬する米メディアでは、ロシアゲート疑惑捜査の流れをミュラー氏が変えた、「うまくやった」とプラスに評価されている。

実は、ワシントンポスト紙報道の直前にミュラー解任説が流れ、そのリベンジとして、トランプ氏を司法妨害の捜査対象にしたという側面がある。これはミュラー氏側にとって正しかったのか。トランプ流の自分勝手さに、ミュラー氏側が感情的になって突進したとすれば、決してプラスになったといえない。

次ページミュラー氏は作戦を間違えた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT