「住みよさランキング2017」トップ50

印西・砺波・長久手が今年もトップ3

2位の砺波市(富山)は、昨年3位から順位を1つ上げた。

富山県の西部、砺波平野のほぼ中心に位置する。人口は2015年国勢調査で約4.9万人。農村部は散居村の風景が広がる一方、市の西部で3つの自動車道が結節する交通の要衝でもある。郊外型の大型商業施設も多数進出している。「利便度」10位、「住居水準充実度」30位で、この2部門が寄与し、総合2位に浮上した。

3位の長久手市(愛知)は昨年まで2年連続2位だったが、今年は順位を1つ下げた。

愛知県の北西部に位置し、名古屋市の東部と隣接し、名古屋市のベッドタウンとして発展。人口は2015年国勢調査で約5.7万人。年少人口・生産年齢人口比率が高く、老年人口比率が低いのが特徴。

「快適度」が2位、「富裕度」が32位、「利便度」も32位と、3部門で全国トップクラスの評価となっている。ただし、「住居水準充実度」が723位と下位に甘んじ、総合では3位となった。

なお、名古屋市の20%通勤圏に該当し、「65歳以上人口当たり介護老人福祉・保健施設定員数」の指標において補正を行っている。

かほく市が躍進、野々市市は順位下げる

以下、4位はかほく市(石川)で昨年7位から3つ順位を上げてトップ5入り。5位は野々市市(石川)で昨年4位から順位を1つ下げた。6位には魚津市(富山)が昨年13位から順位を7つ上げてトップ10入り。これにより、北陸3県の都市がトップ10中7市となり、昨年の6市からさらにまた1市増えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT