北朝鮮も携帯を生産?生産工場が明らかに

金正恩第1書記が視察、「アリラン」ブランドを生産

北朝鮮メディアが携帯電話の生産工場の様子を報道し、話題になっている。北朝鮮の朝鮮中央通信は8月10日、金正恩第1書記が「5月11日工場」を訪問したと報道。同通信はこの工場を、「人民の事業と生活に必要な新型の『アリラン』手電話(携帯電話)を研究開発し、生産が進められている」と紹介した。同通信は工場内を視察する金第1書記の姿も報道。組み立て作業を行う作業員と語らう様子も配信されている。

ここで作られる携帯電話に対し、金第1書記は「製品のデザインもよく、軽量で、通話と学習に必要ないくつかのサービス機能もあり、とても便利だ」と指摘、さらに「ユーザーの便宜を最大限に発揮すると同時に、保安性も徹底して保証された応用プログラムを、われわれ式に開発している」と評価したという。

ガラケー、タッチパネル式など複数生産

この工場で生産される携帯電話には数種類あるようで、金第1書記はなかでも「指接触方式」(タッチパネル式)の製品について、「この(画面)部分が敏感であってこそユーザーが使用する際に便利だ」と述べる一方、携帯電話の内蔵カメラの画素数が高いので、人民の利用にも十分だと述べたと伝えている。

さらに、「携帯電話の需要が旺盛」という報告を受け、国民も携帯電話を好んで使っていることがとてもうれしい、と発言したようだ。

報道によると、先に紹介したタッチパネル式に加え、いわゆる「ガラケー」である折りたたみ式のものも、生産しているようだ。北朝鮮では、平壌を中心に携帯電話の保有台数が200万台を超え、平壌では2人に1人が携帯電話を持つまでに普及している。また、外国人にも空港などで携帯電話のSIMカードを販売するなど、これまで不可能だった外国人の携帯電話使用も解禁されている。ただ、あまりの増加に「国家保安面で心配」とし、最近は規制がかかっているという一部報道もある。

次ページ自主開発・生産か、部品を輸入した自主組み立てか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT