北朝鮮も携帯を生産?生産工場が明らかに

金正恩第1書記が視察、「アリラン」ブランドを生産

一方、韓国を中心に、「北朝鮮で自主開発したものではなく、中国から部品を取り寄せて組み立てているだけ」という指摘もある。中国で売られている携帯電話の部品をそのまま輸入して組み立て、「アリラン」の名前をつけただけ、というのだ。

韓国の北朝鮮専門家の中には、「中国の工場をそのまま買って部品を取り寄せているだけ」と指摘する者もいる。東洋経済オンラインでもこれまで紹介したように、「三池淵」(サムジヨン)など3種類の北朝鮮で自主開発したというタブレットPCも販売されている。これも、部品などは中国などから取り寄せて北朝鮮で組み立てたものという見方がある。というのも、北朝鮮では1990年代ごろから、テレビも自国ブランドのものを製造・販売していたこともあったが、当時も部品などは中国から取り寄せて組み立てたものという指摘があったためだ。

普及するIT製品、今後どこまでユーザーは拡大するか

北朝鮮でタブレットPCを購入した、あるいは触ってみたという複数の日本人は、「タブレットPCは中国で売られているものととても似ているが、アプリケーションなどのソフトは北朝鮮で作っているものとしか思えないコンテンツや操作性があった」と言う。

完全自主生産であれ、自国組み立てであれ、閉鎖的で経済的に苦しい国というイメージが強い北朝鮮であっても、現実には携帯電話が爆発的に普及しており、またわれわれが持つようなタブレットPCといったIT製品も普及しているのも現実だ。今後、これらIT製品が北朝鮮でどのように普及し、どのように使われているかは非常に気になるところだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。