3年後の「大学入試英語」激変にはこう備えろ

とりあえずどこから始めればいいのか

安河内:たとえば、例文だったら、覚えたそばから会話で使ってみる、長文を音読し、さらにリスニングや口頭での要約にもチャレンジする、という具合です。実際に4技能を融合して学習している人の英語力は、一つひとつの技能を個別に測定しても、高い数値を示しますからね。

藤岡:今、オンライン英会話が注目されているのもその関係からなんですね。「発信する力」を鍛えるためにはどうしても発信する相手がいるので利用する学生が増えているのかもしれません。こうした流れを受けて、QQイングリッシュでも、英検のスピーキング対策を始めています。

ネットを活用しない手はない

チャンスを上手に使っていってほしい(写真:筆者提供)

安河内:実際、4技能を融合して学習していくうえで、日々の英語の勉強の中に、オンライン英会話を組み込んでいくのは、とてもいい方法だと思います。まずなんといっても、話す、聞く、という両方が鍛えられますからね。入試対策としてだけでなく、英会話力をつける機会にもなります。

そのほか、オンライン英会話は、書く力を鍛えるのにも、活用できます。双方向のレッスンで、スカイプを通じてデータのやり取りもできるので、自分で書いた英文を、スカイプを通じて添削してもらうことができますからね。

藤岡:実際、弊社の生徒さんたちの中にも、そうした活用法をされている方は多いですよ。それ以外にも、生徒さんからよくいただくのが、「自分が話した英語を先生が修正してくれる際に、文字でも書いてくれるのがありがたい」という感想です。目で正しい英文を確認できることで、脳にインプットされて、これがまた、書く力につながる、と。

安河内:オンライン英会話もそうですが、いまやインターネットを通じて、英語を使ったさまざまな動画や音声、文章などが飛び交い、かつてないほど英語が身に付けやすい環境になっています。これらを利用しない手はないですよね。

藤岡:本当にそのとおりですね。さらに、学校の教育の場でも、4技能をバランスよく鍛えていける環境が整っていくわけですから、今の若い人たちはつくづく幸せだと思います。こうしたチャンスを上手に使って、若い人たちには、どんどん世界とつながっていってもらいたいですよね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT