「退位した天皇」は歴史上、何をしていたのか

「5パターンある」のを知っていますか?

ただし、平穏な余生を送った上皇ばかりではありません。

【退位後の天皇・その4】天皇と対立して敗れた

平安時代初期の「平城(へいぜい)天皇」は、もともと病弱だったこともあり、病により在位3年・34歳の若さで弟の嵯峨天皇に譲位して上皇となりました。

ところが、上皇になるとにわかに健康を回復し、かつての都だった平城京に宮殿をつくり、側近とともに天皇と対立するようになります。

これを天皇が征伐したのが、810年の「平城太上天皇の変(薬子[くすこ]の変)」と呼ばれる事件で、敗れた平城上皇は出家し、不遇な余生を過ごしました。

【退位後の天皇・その5】抗争に敗れ、流罪になった

最も不運だったのは、抗争に敗れて流罪になった上皇でしょう。

鎌倉時代初期に院政を行った「後鳥羽上皇」は1221年、幕府を倒そうと「承久の乱」を起こします。しかし、幕府軍に敗れて隠岐に流され、没するまでの18年をわびしくかの地で過ごしました。この承久の乱では、先述した「順徳上皇」も佐渡に流され、崩じるまでの21年を過ごしています。

流罪になった上皇はほかにもいて、先述した「保元の乱」で敗れた「崇徳(すとく)上皇」は讃岐(さぬき)国(香川県)に流されて幽閉。世を恨みながら8年後に悶死したとされ、死後は怨霊としておそれられました。

今上天皇は正真正銘の「象徴天皇」

ところで、今上陛下は、日本で最初の正真正銘の「象徴天皇」です。即位にあたって、自ら憲法を遵守することを国民に誓約されました。

これは、どんな意味でも天皇は「超越的」な存在ではありえない、天皇といえども憲法の制限のもとで活動するということを、公に確認されたことを意味します。

実は日本の歴史にあって、これは「画期的なこと」なのです。

次ページなぜ「憲法を守る」のが画期的?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT