Jリーグ、経営危機からの反転攻勢が始まった

「ネット配信」が変革のきっかけだった

地域ごとに最も集客が見込める時間に試合を組む(写真:Jリーグ)

一方、リアルで変わったのがキックオフ時間だ。テレビ放送と異なり、ネット配信なら試合がどれだけ重なっても問題ない。地域のイベントなどを考慮し、最も集客が見込める時間に試合を組みやすくなった。

54チームが利用できるプラットフォーム

クラブへの支援も加速する。現在、54チームが共通で利用できるプラットフォームを構築中だ。前述の動画配信に加えてチケット販売やグッズのEC(電子商取引)など、クラブが単独ではできない作業をJリーグ側が補完する仕組みだ。

4月にはEC分野で楽天と提携するなど準備が進む。今後は経理や法務などのサービス提供も視野に入れる。Jリーグが各クラブの間接部門を一手に引き受ける構想だ。

また、クラブへの配分金も大幅に増額した。若手選手の育成や夏季のリーグ中断期間に国際試合を増やすといった強化策も打ち出した。村井チェアマンは「リーグのトップチームが世界のクラブと互角に戦えるようにする」と意気込む。

ただ、新体制には不安もある。2月の開幕時には視聴トラブルが発生。ファンがいつでも安心して見られる再発防止策が必要だ。

当記事は「週刊東洋経済」6月10日号<6月5日発売>からの転載記事です

また、Jリーグがパフォームと協力関係を続けるには、明確な成果が必要になる局面も出てきそうだ。スカパーの高田真治社長は「われわれはJリーグ放送を10年間かけて黒字にした。リーグの魅力を浸透させることはそう簡単ではない」と指摘する。結局は、クラブの基盤を充実させ、魅力的な試合をどれだけ増やせるかにかかっている。

一気に攻勢に出たJリーグ。10年にわたる改革はこれから本番を迎える。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。