Jリーグ、経営危機からの反転攻勢が始まった

「ネット配信」が変革のきっかけだった

まずは大会方式。2015年からは新規スポンサーの獲得や年間王者決定戦による盛り上がりを狙い、2ステージ制に移行していた。だが、これは資金難による苦肉の策。今回、この懸念が解消されたことで1ステージ制への復帰を決めた。

中継の臨場感も格段に向上した。撮影カメラを増やし、スーパースローで技を撮影したり、緻密なパスワークをとらえるなど、迫力のリプレイ映像を提供できるようになった。

Jリーグが自ら著作権を保有

クラブの協力を得てロッカールームにカメラが入り、試合前や試合後の選手の表情をとらえる。監督も会場到着時とハーフタイム、試合後のインタビューに応じるようにした。現場の雰囲気が感じられる中継を目指したのだ。「選手の技や喜怒哀楽、一喜一憂するファンの姿を見せる。ピッチ上のドラマを伝えたい」と制作にかかわるパフォームの水野重理氏は語る。

パフォームは会員獲得のためにNTTドコモと組み、ドコモユーザー向けに月額980円(通常は1750円)の専用プランを投入。テレビCMでJリーグ開幕を大々的にアピールすることになった。パフォームが大型契約に踏み切った背景には、こうした施策によって視聴者層を広げられるという読みがある。

そしてJリーグにとって最も重要な点は、今回の契約によって自らが著作権を保有したことだ。「パフォームとの交渉でもこの点は決して譲らなかった」(中西大介常務理事)。

結果、Jリーグの公式ホームページには試合の見どころを解説する動画やハイライト動画が所狭しと並ぶ。各クラブには簡単に配信作業ができるシステムを提供、クラブ側がSNSで動画をアピールする機会が大幅に増えてきた。

次ページキックオフ時間も変わった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。