偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する 武田邦彦 著

偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する 武田邦彦 著

PETボトルや空き瓶、食品トレイなどで行われる各種リサイクルは、実際にはコストや廃棄物が増えて地球に悪い影響を及ぼす。紙リサイクルも錯覚。家電リサイクルに至っては政府とメーカーぐるみの「偽装」で、コストを転嫁された消費者には何のメリットもない……。リサイクル、リデュース、リユースの3Rにだまされるなと説く。

また、温暖化はCO2削減努力では防げず、不可避なだけむしろ備えが重要として、世界的潮流の「低炭素社会」への取り組みに否定的だ。

著者は環境問題へのユニークな見解で知られる研究者。「エコロジー」の名目で行われる活動の問題を指摘しながら、「本当に地球に優しい生活とは何か」を考える。

幻冬舎 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。