偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する 武田邦彦 著

偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する 武田邦彦 著

PETボトルや空き瓶、食品トレイなどで行われる各種リサイクルは、実際にはコストや廃棄物が増えて地球に悪い影響を及ぼす。紙リサイクルも錯覚。家電リサイクルに至っては政府とメーカーぐるみの「偽装」で、コストを転嫁された消費者には何のメリットもない……。リサイクル、リデュース、リユースの3Rにだまされるなと説く。

また、温暖化はCO2削減努力では防げず、不可避なだけむしろ備えが重要として、世界的潮流の「低炭素社会」への取り組みに否定的だ。

著者は環境問題へのユニークな見解で知られる研究者。「エコロジー」の名目で行われる活動の問題を指摘しながら、「本当に地球に優しい生活とは何か」を考える。

幻冬舎 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。