イスラムとキリストの分断が深まる国の苦悩

インドネシアで起きた政争めぐる大混乱

インドネシアの選挙では投票を終えた印として指にインクを付ける 二重投票を避ける目的だが、選挙に行った証拠として若者はSNSに投稿も(写真:AP/アフロ)

とあるプロジェクトで共に仕事をした外国人女性と、お昼の休憩に東京・渋谷のラーメン店に入ったときのことである。

ハラールの店を探そうと思ったが…

「豚骨ラーメンください。ホルモン入りでオネガイシマス」

彼女の注文に思わず耳を疑った。なぜなら、彼女はイスラム教徒が国民の約9割を占めるインドネシア人だからだ。

インドネシア人ならば、イスラム教徒だろうとすっかり思い込んでいた私は、豚肉やアルコールは駄目かもしれない、なんならハラールの店を探したほうがよかろうか、などといろいろと気を使っていたのだが、彼女がランチにリクエストしたのは「ラーメン店」。そして、のれんをくぐったのは、日本人の若い女性だって尻込みするかもしれない、ホルモン入りのガッツリ系が有名な、男気あふれる気合の入った店舗だった。

実にうまそうに、ホルモンたっぷり、こってりと光る濃厚なスープをずずずっとすする彼女。「……ひょっとして、イスラム教徒ではないの?」。

すると、彼女はいたずらっぽく笑った。「私、キリスト教徒なのよ!」。

インドネシアは、世界第4位の総人口約2億5500万人のうち、約9割がイスラム教徒という、世界最大規模のムスリムを抱える国家である。これまで、インドネシアには取材や旅行で幾度となく足を運んだが、出会った現地の人のほとんどがイスラム教徒だったので、彼女のルーツににわかに興味が湧いた。聞くと、彼女は中国系で、祖父母の時代に中国から移住してきた3世代目なのだという。

次ページ実は、中国から移住したキリスト教徒が多い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT