「口ぐせが現実を変える」が科学的に正しい訳

「記憶をマネジメントする」ための2つのコツ

たとえば、成功体験を自分に覚え込ませるために、小さくてもいいので成功につながる行動を起こしてみる。ほんの少しでも行動を起こすことができれば、その「行動をした」ことがプラスの記憶となって、また少し行動力が高まる……という好循環につながります。

また、「どうせ自分にはできない」「何をやってもムダ」というマイナス思考の口ぐせではなく、「とりあえずできるところからやってみよう」といった言葉を口ぐせにしてみるのも有効でしょう。先述の「プライミング効果」です。

記憶に働きかけることで自分の「性格」も変わる

以上のことをまとめてみると、こうなります。

『記憶力が最強のビジネススキルである』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

(1)自分の望むことについてポジティブな言葉で繰り返し願ってみる

(2)なりたいものについての「記憶」を分析し、自分に足りないものを補う

「そんなちょっとのことで……?」と思うかもしれませんが、人の違いはほんの少しの違いからスタートしているものです。この小さな記憶の差が、自分全体という大きなプログラムに影響していくのです。

ですから、「これは性格だから」「もともと運がないから」「能力のない人間だから」と諦める必要はありません。

小さなこと、できることから行動様式を変え、記憶を少しずつマネジメントしていくことで、もともとの性格だと思っていたものも徐々に変化していくことでしょう。

ただ、ひとつ注意すべきことがあります。それは、「私が人生の主人公だ。すべては私の責任だ」と頑張りすぎないということです。

ここまで解説してきたように、あなたは記憶に影響を与えることができ、記憶をマネジメントすることができます。とはいえ、記憶のすべてをコントロールすることはできませんし、あなた自身をあなたの思うままにコントロールできるわけでもありません。ですから、記憶の犠牲者となってひがんで生きることや、人生の責任者として自分の思考や感情、言動を一身に背負うことはありません。

自分を自分自身がすべてコントロールできないこと、記憶の影響の大きさを受け入れたうえで記憶の動きを観察しつつ、そこに影響を及ぼしていくこと。いってみれば、記憶とうまく付き合うことこそが、「記憶をマネジメントする」ということなのです。

(構成:山岸美夕紀)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。