中国で盛り上がる「プーアル茶バブル」

高級品は1斤13万円まで高騰!

野菜バブルも相次ぐ

加えて、茶業界からは、現在、中国では最近の株安、土地安で行き場をなくした流動資金が投資先を捜してさまよっており、再び、プーアル茶に狙いを定めたとの観測も流れている。

2008年のリーマンショックを受けて、中国政府は成長を維持するために巨額の資金を市中に放出した。余剰資金は不動産、為替などの市場だけでなく、商品市場にも乱入してきた。2010年前後にニンニクが投機家のターゲットとなって高騰したことは知られているが、ほかにも断続的に豆類やトウガラシ、トウモロコシ、大豆など、ありとあらゆる農産物が急激な価格高騰に動いて、あっというまに下落するという野菜バブルが相次いで発生している。

現在、中国では株価や不動産価格は低迷し、金価格も下落するなど、短期的な投機的資金をつぎ込むところがなくなっている。そこで再び、投機家がプーアル茶に目をつけ始めたかたちだ。

迷惑を被るのは消費者だ。以前は気軽に飲めた3年もの、5年ものでも買う気にならない値段になった。雲南省の茶業組合なども「投機的な売買を控えてほしい」と呼びかけている。一方で生産者の間では2007年のバブルの再来への期待感が広がっており、茶畑のある山村で家の新築や新車の購入のラッシュが起きているとの報道もある。

今回のプーアル茶のマーケットがどうなっていくのか、いつまで高値を保つことができるのか、不透明さを増す中国経済の行方と同様、誰もはっきりしたことはわからないというのが実情だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT