統合失調症の世界は幻覚や幻聴に溢れている

イラストで描く18歳アーティストの思い

「決して君を手放したりしないよ」(KATE FENNER)

18歳のアーティスト、ケイト・フェナーさんは、17歳の時に統合失調症だと診断された。

統合失調症が原因で、フェナーさんは不安やうつに苦しんでいるだけでなく、虫の幻覚を見たり幻聴が聞こえたりもする。

その幻覚や幻聴を、フェナーさんはイラストで表現している。

なぜイラストにするのか

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

苦しくてつらいはずの幻覚や幻聴を、なぜイラストにするのか、ハフポストUK版がフェナーさんに話を聞いた。

フェナーさんは、メディアが心の病を誤って伝えていると感じており、「心の病を抱えて苦しむ人が、まるで能力がなくて暴力的で怠け者だとメディアで描かれているように感じます」と話す。

「実際にそういう人もいるかもしれません。しかし私が知っている限り、心の病を抱えている人たちのほとんどは、いたって普通の人です。メディアは、心の病を抱えて生きる人たちの本当の姿を描いていないと思います」

また、偏った描かれ方をしていることで、社会にメンタルヘルスに対する理解が進まないと考えている。

「心の病のことを知られると、社会から疎外されたり軽蔑されたりするのではないか。そう思うと多くの人は怖くてオープンに話せません」

「『虫の幻覚を見たり幻聴が聞こえたりする』と話すことには、リスクが伴います。だけど、私はあえてリスクをとりたいんです。『心の病は普通のことなんだ』と伝え、心の病についてもっと知ってもらうために(そして、心の病は話していいことだと知ってもらい、必要な助けを求めやすくしたい)」

次ページイラストに登場するハエがあらわす気持ちとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT