「スキンシップゼロ夫婦」の意外な結婚生活

一度もセックスをしたことがない

スキンシップゼロの悩み

1000万PV超えという話題のブログ『スキンシップゼロ夫婦』がついに書籍化。シャイすぎる夫・みーさんと結婚したまゆさんの、かわいいマンガで綴られたスキンシップゼロの悩みの数々。だけど、なぜかほっこりとした幸せを感じるあたたかい1冊。

まゆさんとみーさんの、悩みながらも自分たちなりの幸せを模索する、夫婦の実話の一部をのぞき見!

私とみーさんは、共通の知人の紹介で出会いました

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

初めて会って食事をしたあと、私は「みーさん好印象でした」と知人に報告したのですが、みーさんからは私の印象について何のコメントもなかったようです。その後もデートを重ねていったのですが、お互いに気持ちの確認もせず、「付き合ってください」「好きです」の言葉もないまま。2人で会っていても甘いムードにはならず、けれど、どちらも断ることもなく会うことを繰り返し、結婚まで進んでしまいました。

今考えると、私からきちんと言えばよかったと思うのですが、当時はシャイなみーさんの気持ちが見えなさすぎることも不安で……。勇気が足らず、はっきりと聞くことはしませんでした。

『スキンシップゼロ夫婦』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

過去の恋愛経験から、自分から積極的に行くよりも、男性からの言葉を待っていた方がうまくいくのではないかと思い込んでいたところもあります。

みーさんのシャイさを知った今となっては、気持ちを確かめるような言葉が出てくるなんて想像すらできません。こちらから迫りすぎたらうまくいかなかった気もします。

はっきりした言葉はなかったけれど、今悩みながらも、2人でいられることが幸せなので、何もなくても仕方なかったのかなと思っています。

次ページ実際にマンガを見てみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング