「グローバル教育で高評価の大学」トップ100

1位国際教養大、2位上智大、3位国際基督教大

国際教養大学が誇る24時間365日開館の図書館。充実した学習環境を整え、グローバル社会で活躍できる人材を養成する (撮影:梅谷秀司)

日本のグローバル教育への関心が今、高まっている。

東京五輪・パラリンピックが行われる2020年はその転換点になりそうだ。この年から、小学校5年生と6年生の英語が教科化され、大学入試では、大学入試センター試験に変わって導入される「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の英語科目で、「読む」「書く」「話す」「聞く」の4技能がより問われることになる。

小学校から大学までグローバル教育が浸透

文部科学省主導のグローバル教育の政策は、だいぶ前から進められてきた。グローバルリーダー育成を目指すスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定や、スーパーグローバル大学(SGU)を37校選定したスーパーグローバル大学創成支援事業が、2014年から始まっている。

各大学もグローバル人材育成に向けた取り組みに力を入れているが、高校教諭の目にはどう映っているのか。大学通信は毎年約2000の進学校の進路指導教諭にアンケートを行っている。その中で「グローバル教育に力を入れている大学」についても聞いている。その結果をまとめたのが、今回のランキングだ。5校連記で記載してもらった大学名に対し、最初の大学を5ポイント、次を4ポイント、以下順に3ポイント、2ポイント、1ポイントを割り当てて集計、ポイントの多い順に並べた。

次ページトップの国際教養大学は授業が全て英語
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。