シーメンスが描く、再生エネルギーの展望

「脱原発」の総合電機、キーマンに聞く

――風力や太陽光発電は、ビジネスとして成立するのでしょうか。

ヴァインホルト氏 再生エネの比率については2012年の7%から、2030年には20%まで増えると予測している。この内訳は32%が太陽光、45%が陸上風力、9%を洋上風力が占めるとみている。再生エネにはそれぞれ特徴がある。すでにドイツの太陽光発電は成熟しており、助成金は必要ない。

一方で洋上風力は技術的にも課題があるので、助成金などのサポートが必要となってくる。発電の安定性が悪いという問題もあるが、ドイツでは専門機関から4日先までの天候予測データを購入できるようになった。たまに風向きが変わって予測が外れることもあるかもしれないが、そういう時は柔軟性の高いガス発電でカバーすればいい。

藤田氏 いつ発電できるかわからない再生可能エネルギーをカバーするには、高効率で柔軟性の高いガスが向いている。再生エネルギーが増えるほど天然ガスを用いた火力発電が増えてくる。理由は簡単で、風力で大規模発電所並みのファームが出て来ると、ピークとボトムの発電量の波が激しくなる。

2時間後に緊急発電しようと思うと、石炭火力や原発では無理。15分程度で発電できるガス火力との組み合わせが最適で、フレキシブルに運用することが可能になる。二酸化炭素(CO2)排出量でみても、石炭火力とLNG(液化天然ガス)とを比べるとLNGのほうが圧倒的に少ない。

地域ごとに電力系統つくれば、超大型発電所は不要

――再生エネの導入は先進国から進みそう?

藤田氏 途上国では電力系統(発電・変電・送配電のシステム全体)さえ持たない場合がある。たとえば昔の中国では電話網ができていなかったから、固定電話よりも携帯電話が急速に伸びた。マイクログリッド(小規模発電網)も考え方が近く、地域ごとに電力系統を作れば超大型の発電所はいらなくなる。建設コストはかかるけど、基本的に燃料は不要になり地域で電力をまかなえるようになる。砂漠の真ん中にマイクログリッドを作っても、燃料を運んでくる必要がないのもメリットだ。

次ページ開発体制は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT