女性に「仕事を頼めない」男は何がマズいのか 女性は男を観察し、評価し、判断している

✎ 1〜 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 最新
印刷
A
A

ボクが「手伝ってください」のお願いでやらかしてしまったのは、チームリーダーに昇格し女性メンバー数名を部下として持つことになった20代のこと。リーダーになると企画や計画を立てるタスクが増えて、どうしても忙しくなりがち。女性メンバーたちが自分の担当タスクをこなす一方、ボクが1人でひぃひぃ言っていて、チーム内に「忙しい格差」が生じてる状態。そんなボクを見かねて、女性メンバーの1人が声をかけてくれました。

「何か私に出来ることがあれば、いってください。お手伝いしますよ♪」

その天使みたいに優しい一言に対するボクの回答は……

「いや、(コレはオレしかデキない仕事だから)いい。ありがとう」

それ以降、彼女から「手伝いましょうか?」の天使の一声を再び聞くことはありませんでした。当時のボクは自分だけ忙しい状態に不公平感を抱くどころか、むしろそんな忙しいオレって仕事がデキる♪と悦に入っていました。ただのデキるフリしたデキないオトコです(笑)。「オレにしかデキないから」と断る自分も嫌いじゃない。結果として、自分が気づかないうちにチームの空気は白け、支えあう雰囲気を蒸発させちゃいました。

なぜ、ボクは向こうからの気遣いをむげにしてしまったのでしょうか。後から気づいたことですが、タスクに関する考え方の男女差が、やらかしの原因のようです。

オトコ:細部にまで「オレ」のこだわりを浸透させる、「プラモデルづくり」的な考え方
オンナ:みんなと協働して1つのことを仕上げる「お手伝い」的な考え方

 

オトコはこだわりのプラモデルを最後まで自分で仕上げたいので、タスクを抱えこむ。女性は、相手の力量に応じて、タスクを振り分ける能力が高い。思い出してみてください。母親や奥さんなどは、料理や掃除などを「ちょっと手伝ってくれる?」と振り分けて、みんなで終わらせてしまうのが実に上手ではありませんでしたか?こうして自分のタスクを振り分ける能力の低さに気づいたボクは、「お手伝い的」考え方の訓練を始めて、女性の「手伝いましょうか」の天使の声にようやく「お願い」と言えるようになりました。

仕事内容を知らない人に「お願い」されても聞けない

「コレやってください」のお願いとは、自分が出来ない・担当ではない仕事を「コレやっといて」と無茶ぶりすること。日本の男性に多いやらかしお願いだと思います。ボクが女性下着会社の営業だったころ、販売員からお客様への手書きのお便り「サンキューレター」がリピート率を高めて売り上げを増やすと、上司や先輩から教わりました。

そこでボクは、女性販売員に「サンキューレターをたくさん書きましょう!」とマニュアル通りにお伝えしました。しかし、返ってきた反応の多くが「はァ!?」というもの。

次ページなぜ女性販売員たちはイラッとしたのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT