「とりあえず方式」が勉強しない子に響くワケ

大人でも大苦戦「気乗りしない」の解決法

子どもも「それくらいならできるよ」ということでやり始めました。男の子ですから、教科書やノートを手で持って丁寧に出すようなことはしません。箱の上でランドセルを逆さまにして、足で蹴って出すそうです。でも、それでもいいとしているそうです。

ランドセルの中身を毎日すべて出すのは、とてもすばらしいことです。蛇腹折りになった1週間前のお便り、固まって化石化したハンカチ、腐りかけた靴下……。毎日出していればこういう状態になるのを防ぐことができます。何よりもよいのは、宿題に必要な物もすべて外に出て箱の中に入ることです。遊びから帰ってくると、その箱の中の宿題が自然に目に入ります。そのお母さんが言うには、たったこれだけのことで宿題への意識が高まり、また宿題が手に取りやすくなったようで、がみがみ叱る回数が減ったそうです。

取りかかるときのハードルを下げる

このように、宿題に取りかかるときのハードルを下げてあげることはとても重要です。大人の仕事もそうですが、取りかかってしまえば半分終わったようなものであり、とにかく取りかかるのが大変なのです。ですから、本格的に取りかかる前に、1歩でも1ミリでもゴールに近づいておくことが大切です。

そこで、私がそのお母さんに提案したのは、さらに1歩近づいておく方法です。たとえば、遊びに行く前に、その箱の中から宿題に必要な物を取り出して、テーブルや机の上に出しておきます。つまり、算数プリント、漢字ドリル、書き取り帳、筆記用具、下敷き、などを出しておくのです。すると、「これだけやればいいんだ」というちょっとした見通しがつきます。また、さらに1歩近づくとしたら、その日やるページを開いておく、下敷きを挟んでおく、付箋紙を挟んでおく、などもいいでしょう。これで、さらに見通しがつきます。私はこれらの工夫を「とりあえず準備方式」と呼んでいます。

このようなことを一切しないまま遊びに行くと、どうなるでしょう? 遊びから帰ってきても、宿題に必要な物はすべてランドセルの中に入ったままです。そこに宿題があるということはわかっていますが、まったく見通しがついていないので、どんなものがどれだけあるのか全然わかりません。それは得体の知れない妖怪のようなものであり、時間が経てば経つほど巨大になり、ますますハードルが高くなっていきます。

次ページ2つ目の方法とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。