たった10秒で起承転結「駅メロ」の奥深い世界

トップ作曲家が明かす発車メロディ制作秘話

――あちこちの駅で塩塚さんが作った駅メロが流れていますが、それをホームで聴いていて、どんな気持ちがしますか。

塩塚:確かにこの仕事に携わりはじめた1994年ごろは「使われている!」と嬉しい気持ちになることはありましたが、20年以上かかわっていると、さすがにもう感動はしないかなあ。駅で流すために曲を作っていますし、それが僕の職業ですから。逆に、終電なんかで延々と自分の曲が流され続けているのを聴くと、「頼むからもうやめて~」と思いますね。せっかく親しまれている曲なのに、これで皆が嫌いになったら悲しい(笑)。

――最後に、駅メロについてご自由に意見を述べてください。

塩塚:まだまだ発展する伸びしろのある音楽だと思います。最近では、戦略的な駅メロが増えましたが、今後もその傾向が続くのは間違いないでしょう。それから、新規路線開業に合わせて駅メロが導入されたとき、あるいは今まであった路線が駅メロを導入するとなったときには、やっぱり皆さんから大騒ぎしてもらいたいです。

小川:メジャーな鉄道会社ではほぼ駅メロが採用されていますが、地方では駅メロのないところもたくさんあります。駅メロ1曲を作るのはそこまで費用がかかるものではないから、どんどん町おこしに活用してもらいたいです。

たった10秒の、それも耳に自然な形で入ってくる駅メロは、そのさりげなさゆえに、逆説的だが「耳で聴くデザイン」であり、「強烈な町おこし」であるといえるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。