「糖質制限でも痩せない!」にはこう対処せよ

提唱者が指摘!それは「糖質制限もどき」です

ただし、例外的に気をつけなければいけない場合もあります。以上のような点に注意して糖質制限食を実践していても、ごくまれに、やせないケースがあるからです。

こうしたケースは全体の1割未満で見られ、女性に多いようです。

対策としては、摂取エネルギーを少し減らしてみます。糖質制限食は基本的に、摂取エネルギー量の制限をしていません。でも、基礎代謝が低いためにやせないというケースでは、「糖質制限食+エネルギー制限」という対応が必要になります。

京都府立医科大学の吉田俊秀先生によれば、日本人女性の平均基礎代謝量は約1200キロカロリーですが、個別に見ると600~2400キロカロリー/日と、かなりの差があるそうです。

仮に、基礎代謝量が800キロカロリー/日しかないとすると、1日の消費エネルギーが平均よりも400キロカロリーも少ないことになり、通常の糖質制限食ではやせにくいのも、うなずけます。

そこで、例外的にエネルギーの制限を行うわけです。この場合、女性なら1000~1200キロカロリー/日、男性なら1400~1600キロカロリー/日の摂取を目安にします。

「倹約遺伝子」を持っている可能性

そもそもなぜ、このように基礎代謝量が極めて少ない方がいらっしゃるのでしょうか?

こうした人の場合、「倹約遺伝子」を持っている可能性が考えられます。倹約遺伝子説はまだ仮説なのですが、支持する学者も多いようです。

1995年、アメリカのアリゾナ州に居住するネイティブアメリカンであるピマ族に、β3アドレナリン受容体に関する遺伝子の変異が発見され、この遺伝子の持ち主は基礎代謝が低く、糖尿病や肥満になりやすいことが報告されました。

低いエネルギー量で生存可能となる体質であるわけで、「倹約遺伝子」と呼ぶべきものです。倹約遺伝子は日本人にも比較的多く見られ、脂肪をためやすく、消費しにくい体質となります。倹約遺伝子を持つ場合、通常の糖質制限食だけでなく、エネルギー制限も行って肥満解消を図るように指導する必要があります。

また、やはり例外的なケースとして、つねに“大食い”であるため、肥満を解消できない場合もあります。世の中には、まれにこうした“大食漢”タイプもいるようです。どちらかというと男性に多いようです。

糖質制限食では、基本的にエネルギー制限は必要ないのですが、このようなケースでは、厚生労働省のいう推定エネルギー必要量の食事を指導します。身体活動レベルが低い場合、目安としては、女性で1500~1750キロカロリー/日、男性で1850~2300キロカロリー/日としています。

「正しい糖質制限食」のすすめ

最近、糖質制限食は、糖尿病・ダイエットにとどまらず、ほぼすべての生活習慣病の予防・改善にも効果が期待できることがわかってきました。がんへの予防・改善効果の可能性も指摘され、さまざまな研究が進んでいます。

皆さんも、以上のようなことに留意しつつ、健康的な「正しい糖質制限」を実践されることを、「糖質制限食」創始者として心より願っております。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT