育児で「子どもに泣かれる」夫に欠けた視点

即席で「イクメン」になることはできない!

浜屋:先生の「チーム」も相当に大変な時期を乗り越えて進化してこられたのですね。

ところで、共働き育児の場合は、子どもがひとり増えるごとにこれがやり直しになるんでしょうね。

中原:やり直しですね。しかし、時間はかかるかもしれませんが、ふたりとも役割や行動規範を学んでいき、次第に、やらなければならないことがオペレーションに落ちてきます。チーム(組織)が、徐々にスマートな振る舞いを見せるようになることを、専門用語では「組織学習」と言ったりします。そうすれば、次第にやるべきことも自動化されてくる。毎日のルーチンが決まり、急な発熱などのリスク対応もできて、楽になってきます。夫婦ふたりで「組織学習」をしているのですね。

共働きのチーム形成には、12カ月はかかる

『育児は仕事の役に立つ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

浜屋:チームが機能期に入って自動化されるまでの期間は、早くて1年くらいでしょうか。

中原:そうですね。わが家を振り返ってみると、4月に妻の職場復帰とともに、第2子という新メンバーが加わった共働きチームが形成され、5月あたりには混乱期を迎えました。ゴールデンウイーク明けがつらいんですよね。「保育園行きたくなーい!」となって、すぐに熱を出すようになってくる。保育園の送り迎えの間にバタバタと仕事をこなして、いろんなことが制御不能になり、もう自分がなにをやっているのかわからなくなってくる。その時期は僕も混乱していました。春から夏にかけてはずっと嵐の時期で、夏休み明けあたりからちょっと楽になってきて、「ああ、もうなんかいけるかも」と思ったところで、インフルエンザの季節に突入すると……。

浜屋:インフルエンザにノロウイルス。油断したところに伏兵のロタウイルス! 冬を越すというのが、もうひとつの山ですよね。

中原:インフルエンザに、ロタ、ノロ。あいつらは、僕ら夫婦を「試して」いる。

浜屋:夫婦の「チームの強さ」を試しているわけですね。乗り越えてみよ! と。

中原:なかなかハードなタックルですね。インフル、ロタ、ノロは。

浜屋:やはり共働き育児のチーム形成には、12カ月はかかりそうですね。長い混乱期の中で、少しずつ、いろんな規範をつくっていく。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。