池上彰+佐藤優「最強の歴史学び直し」勉強法

「歴史小説、漫画、教科書、学参」スゴい活用法

佐藤:まず最初に注意すべきなのは、歴史小説や歴史マンガは「歴史を学ぶモチベーション作りの材料」にとどめ、内容そのものは鵜呑みにしないことです。

歴史小説で歴史を学ぶのは危険

【歴史を学び直すコツ1】歴史小説・マンガは「モチベーション作り」の材料に
池上 彰(いけがみ あきら)/ジャーナリスト。1950年、長野県生まれ。NHKで記者やキャスターを歴任後、2005年よりフリージャーナリストとして多方面で活躍中。現在、東京工業大学特命教授。名城大学教授(撮影:今井康一)

佐藤そもそも歴史小説はあくまでもフィクションですからね。たとえばビジネスパーソンにも愛読者が多い司馬遼太郎の『坂の上の雲』には、明石元二郎陸軍大佐とレーニンが面識があったように書かれています。でも、これは明石の手記に書いてあるだけの話で、公式に証明するものはありません。歴史小説の内容を「史実」と勘違いしていると、大変危険なわけです。

池上:そうですね。興味を持つきっかけにするにはいいかもしれませんが、その場合でも、歴史的事実や専門知識に関しては、鵜呑みにせず裏をとらないといけません。

佐藤:そう思います。歴史の「学習マンガ」には学び直しに使える優れたものもありますが、基本的に創作である歴史小説や歴史マンガは、あくまで「歴史を学ぶモチベーションを高めるための材料」にとどめるべきなんですね。その内容を鵜呑みにしたり、それで「勉強しよう」とか「学び直そう」という安易な発想は捨てるべきです。

【歴史を学び直すコツ2】「日本史A」「世界史A」の教科書が、最も効率的

池上:では、どうやって勉強すればいいのか。これは私も佐藤さんと同じようにお薦めする方法ですが、「日本史A」「世界史A」の教科書を使うことです。

佐藤:受験を意識した「日本史B」「世界史B」に対して、商業・工業高校など受験を意識しない高校で使われる教科書が「日本史A」「世界史A」です。分量もコンパクトで、社会人に必要な近現代史に比重が置かれているので、歴史の流れと要点がわかりやすく、「社会人の学び直し」には便利だと私も思います。

池上:教養としては古代から学ぶのもいいでしょうが、現代の時事問題、ニュースを理解するのが目的ならば、近代からの流れを知っておけばまず大丈夫ですからね。まずは「日本史A」「世界史A」で基本と大まかな流れを押さえたうえで、あとは自分の興味や必要な分野を深く掘り下げていく方法が、いちばん効率的でしょう。

次ページ「学習参考書」はどう使う?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。