池上彰+佐藤優「最強の歴史学び直し」勉強法

「歴史小説、漫画、教科書、学参」スゴい活用法

佐藤:『いっきに学び直す日本史』の原著書である『大学への日本史』は、歴史上の重要な事件もかなり細かなところまで記述していながら、ひとりの著者がすべてを書き上げているので「ストーリー性」が非常に高く、「読み物」としても非常に面白い

池上:先ほど話した「日本史B」の教科書は、複数の著者がパートごとに執筆しているので、どうしても情報の羅列で面白みに欠けがちです。それとは一線を画しているわけですね。

佐藤:そうなんです。そしてポリシーとしても、世界標準である「センターレフト」を保っているので、バランスがいい内容です。

『いっきに学び直す世界史』も来春刊行予定

池上:世界史を学び直したい読者には、研文書院の『大学への世界史の要点』(大久間慶四郎著)は絶版になっていて、手に入れるのは難しいんですよね。

佐藤:実は今、こちらの本も『いっきに学び直す世界史』として、リニューアル復刊の準備を進めているところです。今回は、現役の高校や大学の複数の先生たちにお願いして、内容のチェックだけでなく解説やコラム原稿も加筆してもらい、「読み物」としてもさらにわかりやすく、面白いものにできそうです。

【歴史を学び直すコツ5】山川の『用語集』をサブテキストに

佐藤:これらの学習参考書を上手に使いつつ、もう少し詳しい説明が必要なときには、山川出版社の『日本史用語集』『世界史用語集』をサブテキストにするのがいいと思います。これだけあれば、世界のエリート層とコミュニケーションをとるときにも確実に通用します。

池上:確かに、受験生のときには「何のために、こんなことを覚えるのか」と疑問に感じたことでも、世の中の仕組みを勉強するにつれて、「あの歴史があったからこそ、現代があるのだ」とつながって理解できるようになります。基礎知識はすぐに身に付くものではありませんが、しっかり土台を厚くしておけば、結果として効率よく知識を蓄積できるので、手を抜かないでしっかり学んでほしいですね。

佐藤ビジネスパーソンにとって、仕事のスキル以上に差がつくのが、実は「教養」であり「歴史の知識」なんですね。逆にいうと、自分の「欠損」を認めて一度補ってしまえば、いっきに差を縮めることもできる。しかも、一度身に付ければ、歴史の教養は一生使える知識になるので、ぜひビジネスパーソンも「上手なやり直し勉強法」で歴史の知識を強化してほしいですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。