池上彰+佐藤優「最強の歴史学び直し」勉強法

「歴史小説、漫画、教科書、学参」スゴい活用法

佐藤:『いっきに学び直す日本史』の原著書である『大学への日本史』は、歴史上の重要な事件もかなり細かなところまで記述していながら、ひとりの著者がすべてを書き上げているので「ストーリー性」が非常に高く、「読み物」としても非常に面白い

池上:先ほど話した「日本史B」の教科書は、複数の著者がパートごとに執筆しているので、どうしても情報の羅列で面白みに欠けがちです。それとは一線を画しているわけですね。

佐藤:そうなんです。そしてポリシーとしても、世界標準である「センターレフト」を保っているので、バランスがいい内容です。

『いっきに学び直す世界史』も来春刊行予定

池上:世界史を学び直したい読者には、研文書院の『大学への世界史の要点』(大久間慶四郎著)は絶版になっていて、手に入れるのは難しいんですよね。

佐藤:実は今、こちらの本も『いっきに学び直す世界史』として、リニューアル復刊の準備を進めているところです。今回は、現役の高校や大学の複数の先生たちにお願いして、内容のチェックだけでなく解説やコラム原稿も加筆してもらい、「読み物」としてもさらにわかりやすく、面白いものにできそうです。

【歴史を学び直すコツ5】山川の『用語集』をサブテキストに

佐藤:これらの学習参考書を上手に使いつつ、もう少し詳しい説明が必要なときには、山川出版社の『日本史用語集』『世界史用語集』をサブテキストにするのがいいと思います。これだけあれば、世界のエリート層とコミュニケーションをとるときにも確実に通用します。

池上:確かに、受験生のときには「何のために、こんなことを覚えるのか」と疑問に感じたことでも、世の中の仕組みを勉強するにつれて、「あの歴史があったからこそ、現代があるのだ」とつながって理解できるようになります。基礎知識はすぐに身に付くものではありませんが、しっかり土台を厚くしておけば、結果として効率よく知識を蓄積できるので、手を抜かないでしっかり学んでほしいですね。

佐藤ビジネスパーソンにとって、仕事のスキル以上に差がつくのが、実は「教養」であり「歴史の知識」なんですね。逆にいうと、自分の「欠損」を認めて一度補ってしまえば、いっきに差を縮めることもできる。しかも、一度身に付ければ、歴史の教養は一生使える知識になるので、ぜひビジネスパーソンも「上手なやり直し勉強法」で歴史の知識を強化してほしいですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。