競輪事故で地獄を見た男が編み出した「逸品」

14年先まで予約が埋まるパン・ケーキの正体

――その間、諦めて別の道に進もうとは……。

多以良氏:そのころの僕には、とにかく「競輪選手になって、賞金で煙突のある白い一軒家を建てる」という目標しか頭にありませんでした。一度決めたことはやりきらないと、気持ちが落ち着かなかったんです。

当時、日本競輪学校の入学試験では全国から1000人くらいの入学志願者がいて、そこからから何度かの選考を経て、最終的には5人しか合格できないという状況でした。僕が合格できたのは、年齢制限ギリギリの23歳の時。受験6回目にして、ようやくの合格。最後の試験も、技術や体力はそれまでとさほど変わっていませんでしたが、心は「これで最後だ」と開き直っていたんです。この時に、「気の持ちようで結果は変わる」ということを実感しましたね。

なんとか入れた競輪学校でも、自分の競技スタイルと学校の練習スタイルのギャップや、スパルタ式の教育に苦労したのですが、「ここを突破しなければ」と、気の持ちようを変えてみることで、なんとか乗り切っていました。もともとメンタルは強い方ではないのですが、見方を少し変えてみることで、新しく道が拓けることを学んだ時期だったと思います。そうして、競輪学校での1年間をなんとか乗り越え、ようやく競輪選手のプロライセンスを手にすることができたんです。

新しい景色を見せてくれた生涯の伴侶との出会い

多以良泉己(たいら・みずき) 元競輪選手 Gateau d'angeパン職人 1975(昭和50)年、神奈川県出身。元競輪選手。幼少期より憧れた競輪選手として活躍するも、2005年のレース中の大事故による大怪我を負い、引退。その後、高次脳機能障害、脳脊髄液減少症、左脚麻痺の後遺症を抱える中で、パン作りに第二の人生を見いだす。現在は北鎌倉 天使のパン・ケーキ「Gateau d'ange (ガトーダンジュ)」のパン職人として、妻と息子の三人で協力しながら、多くの人々に幸せと感動を届けている。北鎌倉天使のパン・ケーキウェブサイト【ガトーダンジュ】。

――いよいよ、念願の競輪選手として漕ぎ出します。

多以良氏:プロになると、すぐに全国の競輪場を舞台に戦うことになります。プロにもB級、A級、S級とランクがあり、最初は一番下のB級からスタートするので、賞金も今考えるとそんなに高額というわけではなかったのですが、それまでのアルバイトで手にするお金とは桁違いの金額に、当時は驚きを隠せませんでした。

ただ、僕の今までの人生を振り返るといつもそうなのですが、よいことの後には、何かしら反動があるんです。プロとしてデビューした矢先には、父が病気を患ってしまって、稼いだお金も治療費に当てていて。その後の選手生活も、成績こそ徐々に上がり賞金額も増えていったものの、途中では、さんざん怪我に悩まされていました。腰椎骨折、前歯と顔面粉砕骨折、鎖骨は左右2回折っていて、左の方には今もボルトが入っているのですが、これらの事故は、いつも上がり調子の一歩手前。一度怪我をしてしまうと、なかなかレースの勘を取り戻すのが難しく、以前の感覚とのズレからが生じるストレスで、順風満帆とはほど遠いものでした。

次ページ総子さんとの出会い
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。