米国が北朝鮮を攻撃する「Xデー」はいつか

核兵器開発を傍観しているわけにいかない

核兵器やミサイル開発に力を入れている北朝鮮に、米国はどう対処すべきか(写真:Jason Lee/ロイター)

米国のレックス・ティラーソン国務長官は、北朝鮮に対するワシントンの「戦略的忍耐」は終わった、と宣言した。北朝鮮による核兵器開発への野心を鈍らせるため、「あらゆる選択肢が検討されている」と警告し、また米軍と韓国軍は軍事的シナリオを視野に準備している。

4月末まで行われる軍事演習には、30万人もの主に韓国と米国の兵員がかかわっている。1953年に停戦した朝鮮戦争以来、こうした演習は朝鮮半島の日常を特徴づけるものとなってきた。しかし近年、演習はより大規模に、より現実に即すようになっている。

米国が「次のステップ」に進む可能性は高まっている

少なくともビル・クリントン以降のすべての米国大統領は、北朝鮮の兵器開発計画に直面し、これに対処するために、潜在的な軍事行動も含めた提案をしてきている。

これまでのところ、攻撃を試みようとする大統領はいなかった。それは、すべての選択肢が好ましくなく、特に朝鮮半島、さらにそれより広範囲の地域が北朝鮮からの報復を受けかねないからだった。最悪の場合、朝鮮半島における戦闘は、米国を中国との戦争に引きずり込む可能性があり、これは朝鮮戦争のときも同様だった。

しかし、北朝鮮政府がミサイル実験を続ける中、多くの専門家は米国が最終的に、こうした「ステップ」に至る可能性は徐々に高まっていると考えている。

ドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮が、米国を核兵器で攻撃する能力を開発することを許さないと明言している。しかし、トランプ大統領が北朝鮮の施設に対する限定攻撃を命じたとしても、北朝鮮の核兵器開発が止まることはないだろう。それどころか、この攻撃が北朝鮮の激しい報復を呼び起こしかねない。

それを考えると、米国がミサイル実験を止めるために、経済制裁やサイバー攻撃のような、別の手段にこだわることは不思議ではない。最近になって、日本と韓国を「守る」ために、高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」が配備されたが、これが北朝鮮のミサイルに対してどれほど有効なのかは、実のところ定かではない。

次ページ米国による「望ましい」攻撃は
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT