レクサス「LX570」は雪道にまったく動じない

加速や旋回だけが高性能の条件じゃない

またLX570がさまざまな走行支援技術を満載している点にも注目したい。岩場、泥濘地、段差路や斜面など、道の状況に合った駆動力やブレーキ性能を発揮する「マルチテレインセレクト(運転アシストシステム)」を装備し、これに「クロールコントロール」という自動走行技術を組み合わせる。

クロールコントロールを作動させると、車両は自動でゆっくりと前進。運転者はステアリングホイール操作のみに集中できるので、急勾配の荒れた道を下るときなど重宝する。今回も雪道ではお世話になった。

荒野をめざせ!

滑りやすい路面でも安定してコーナーを走るための、自動ブレーキを使った「アクティブトラクションコントロール」もありがたい。さらに「ターンアシスト」。これは小さく曲がるためのシステムである。コーナーがあまりにタイトで方向転換がままならないときもあるが、内側の後輪に自動でブレーキをかけ、それを軸に、車両が向きを変えていく。実用性が高い技術だ。

雪の特設コースではまさにビデオゲームのようにLX570のオールマイティぶりを楽しませてもらった。モーグルで3輪浮こうが、ぐいぐいと走れてしまうのにも改めて感心した。

そもそも車両の使命は乗員を安全に目的地まで運ぶことにある。そのもっとも根源的なミッションを改めて認識した次第である。こういうクルマこそ真の高性能車だという思いを強くした。

しかも革張りシートなど内装は豪華。オーディオシステムのほか、地図を自動更新するナビゲーションシステムもあり、日常の使い勝手も優れる。都会にいるLX570のオーナーよ、みな荒野をめざせ。楽しみはそこに(も)ある。

(文:小川フミオ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT