「ダメな育て方」が子供の自己肯定感を下げる

夫が子供に対して壮絶なモラハラ

精神的な暴力で威圧しても、子供は自己肯定感をなくします。そして向上心を持てず、他者への警戒心が強く、最悪、社会に適応しない子を育ててしまうことなどを、本書では特に強調しています。

横暴な父親の下でも、母親の守り方次第で、子供は真っすぐに育ちます(もちろん、夫の横暴さの程度にもよりますが)。わが子たちが通ったどの進学校の私の周囲でさえ、成績が悪いと寒い冬の夜中に子供を屋根の上に追いやった父親や、家庭内暴力事件が他人事でなかった人が、3人や4人はいました。いまは皆笑い話にしています。

そのような暴力的な父親を、すぐに変えることは不可能です。その妻たちの多くは、むしろ夫の変革も期待せず、できるだけ子供と夫の距離を作り、全神経で子供を父親から守ることに集中したことで共通していました。

久美さんの夫君の“教育法”は、拙書『一流の育て方』で、「最悪の育て方」としてさまざまな人が挙げている、まさに最悪の教育方法のお手本のような事例です。彼に、息子さんへの接し方が180度間違っていることに気づいてもらえればと思うのですが、このようなタイプは、人の意見を聞かず、自分を見つめなおすことができないタイプが多いので、望み薄かもしれません。

将来を悲観せず、子供に無償の愛を

他方、あなたは息子さんに、無償の愛をいっぱい注いでください。将来の悲観的な予測までしてあなた自身があれこれ悩んではいけません。

大切な時期の息子さんを無条件で愛していることは、息子さんに100%伝わっていますか? 子供の好きなお弁当や夕飯に気合を入れるなど、母親の愛情伝達手段はいっぱいありますね。

破壊的な父親にもかかわらず、母親の愛情を励みに努力を怠らず、幸福な人生を歩めているという人は、本当に多いですよ。今、本当に苦しい大変な時だと察しますが、まずはモラハラ夫から子供を守り抜かなければなりません。

子供を夫から遠ざけ、子供が「愛された存在」としてのアイデンティティを持てるかどうか、久美さんの覚悟と力量にかかっています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT