「台湾の独立、断固として反対し阻止する」

中国の李克強首相が全人代で

 3月5日、中国の李克強首相は、同日開幕した第12期全国人民代表大会(全人代)第5回会議で、台湾の独立に断固として反対しこれを阻止すると述べた(2017年 ロイター/Jason Lee)

[北京 5日 ロイター] - 中国の李克強首相は、5日に開幕した第12期全国人民代表大会(全人代)第5回会議で、台湾の独立に断固として反対しこれを阻止すると述べた。

台湾の蔡英文総統が中国との平和的関係を希望している一方で、李首相は「台湾を母国から分離しようとするあらゆる形態、あらゆる名前による活動を決して看過しない」と強調。台湾における平和と安定を保護する一方、国家主権と領土の保全を守ると言明した。

さらに、香港の独立はどこにもたどり着かないと述べ、香港とマカオに対し「一国二制度」を「ねじ曲げることなく」適用することを保証するとした。

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。