「ぺんてる」が高級シャーペンに秘めた超技術

価格は3000円!ノック不要の「オレンズネロ」

スマッシュが人気なのは、書き心地の良さはもちろん、長く書いていても手が疲れない、といったことが理由のようだ。「先金(さきがね)」と呼ばれる、芯を支える部分が本体と一体化しているため、安定感がある。先金が着脱できるタイプでは、振動で接合部がゆるんできてガタつくことがあるのだ。また、グリップの部分にラバーが採用されていることや、ペン先のほうに適度な重みがあり、力を入れなくても書けるため、疲れにくい。

高機能・高価格シャーペンブームのきっかけは、三菱鉛筆が2008年に発売した「クルトガ」だったという。書くごとに芯が回って尖った状態を維持できるため、均一な太さで書けるという革新的な機構が消費者の心をつかんだ。

その後、芯が折れないということを売りにした商品も出始めた。ぺんてるが2014年2月に発売した「オレンズ」シリーズや、ゼブラが同年に発売した「デルガード」がある。いずれも、450〜500円程度で、グリップ部分を金属にするなど付加価値を与えた、1000円程度の高級モデルが出そろっている。

では、どのような層がこうした高価格帯のシャーペンを使っているのだろうか。

「性能が飛躍的に向上しているので、社会人にももっと使ってほしい」と話す、ぺんてるの丸山茂樹氏(左)と我孫子大慶氏(撮影:風間仁一郎)

「やはり中学生、高校生がメインです。ツイッターの反応を見ると、ノートをきれいに取れて、芯が折れるイライラがないので、試験中も集中できるといった感想があるようです。その他、最近では社会人も使っているようです。小型手帳にびっしりと書き込みたい人にとっては、きれいに書けることのほか、消せるというメリットが大きいみたいですね」(丸山氏)

ぺんてるだけが作る「0.2ミリ以下」の芯

高機能シャーペンが群雄割拠する中でも、ぺんてる商品の大きな特徴となっているのが、芯径の細さだ。クルトガ、デルガードは芯径0.3ミリメートル(以下、ミリ)、0.5ミリ、0.7ミリというラインナップなのに対し、オレンズシリーズは0.2ミリ、0.3ミリで勝負する。技術的なハードルが高い0.2ミリ以下の芯を作っているのは、ぺんてるだけだ。

芯が細いと、使う側からすれば、細かい文字が書けることになる。しかし、メーカー側にとっては、芯が細くなるほどに開発や製造の難度が上がる。それでも業界一の細い芯径にこだわるのは、ぺんてるの技術力に懸けるプライド、いわば「職人魂」を示すものだといえる。

このように、シャーペンの高機能化が先導する形で、市場が拡大、高価格化し、さらに技術の切磋琢磨が進んできたというのが、シャーペンを取り巻く状況のようだ。

「デジタル化の大きな流れはあります。それでも、やはりスケジュール帳に書き込む、企画のアイデアを考える、メモをとるなど、手書きのスタイルはなくなりません。また、消せるペンも売れていますが、大量に消せることや、経年によるインキの劣化がないことなど、シャーペンならではの利点もあります。何より、『シャープ』の名のとおり、線がシャープなのが魅力だと思います」(丸山氏)

ではいよいよ、今回発売の「オレンズネロ」の開発について触れていくことにする。高価格化が進んでいるとはいえ、従来の3倍、同社のなかでも日用品としては1番の高額商品となる。その開発のきっかけはどんなことだったのだろうか。

次ページ細い芯の弱点をカバーする「ノック不要」技術
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。