「修羅場」に放り込むと人は劇的に伸びる

ANA社員の「思い切って任せる」仕組み

ANAでは、副操縦士を機長に育てるときに、「機長とまったく同じ仕事をさせる=代行させる」方法をとっています。これを「機長見習い( PUS :Pilot Under Supervision)」といいます。フライト前、天気図を見て飛行計画を立てるところから、フライト後のクルー解散まで、全行程において、副操縦士は機長として振る舞います。

この「機長見習い」は、副操縦士が機長になるために、最低180時間は経験するというルールになっています。副操縦士が「今回は機長見習いをやらせてください」と機長に意思を伝えることもありますし、機長から「今日は機長見習いをやってみるか」と促すこともあります。

CAたちの間でも、「ポジションリクエスト」という仕組みがあります。チーフパーサー(機内サービスの責任者)になることを目指しているCAが、「今回はチーフパーサー代行をリクエストします」と事前に願い出て、機内アナウンスや保安業務など、すべての業務をチーフパーサーの代わりに行います。

「代行」のメリット

30年以上客室センターに在籍するCAで、ANAビジネスソリューション人材・研修事業部副部長の石山由美香は、「代行」のメリットを次のように話します。

「普段は少し頼りなさを感じるCAでも、代行でチーフパーサーになりきると、一気に成長することがあります。現場に放り込まれて役割を体験することによって、隠れた能力やそれまでの積み重ねが発揮され、できたことは自信になります。逆にできなかったことは次への課題として自己認識します。できたことによる自信と、できなかったことの克服を繰り返すことで、一歩一歩、目標に近づいていくのです」

ただし、「代行」させていても、あくまで責任者は機長であり、チーフパーサーです。「安全」に影響する可能性があるときには、ただちに「代行」を解き、機長、チーフパーサーが指揮・命令を行います。

「代行」の仕組みは、他の業種・業界でも使えます。たとえば、

・次の会議の司会・進行役を後輩に代行させる

・クライアントへの次のプレゼンテーションを後輩に代行させる

・新しいプロジェクトのリーダーを後輩に代行させる

など、あらゆる場面で応用できるでしょう。

ポイントは、一部分を任せるのではなく、最初から最後までを任せきること。途中で起こったトラブルの処理や人間関係の調整なども含めて、手や口を出してはいけません。途中で後輩を「管理したい気持ち」をぐっと抑えるようにしましょう。

次ページあえてイレギュラーのときに指揮を任せる理由
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?