「これから日本株は下がりにくい」と思う理由

「トランプ相場」はもう少し続きそうだ

【2月10日(金)】午前5時半、日経225先物は、300円高の1万9210円。NYダウは、118ドル高の2万172ドルと減税策発表期待で最高値更新。日経平均は、471円高の1万9378円と大幅高。

「トランプ相場」は、まだ続きそうだ

【2月11日(土)】午前5時半、日経225先物は、30円安の1万9350円。NYダウは、96ドル高の2万269ドル。1ドルは、113.22円、1ユーロ120.44円。NYダウは、史上最高値更新でトランプ相場が続いている。今から約10年前に書かれた本で、「あなたに金持ちになってほしい」(ドナルド・トランプとロバート・キヨサキの共著)によると、トランプ大統領はとても優秀な学生で長年にわたって野球、テニス、ゴルフのスポーツやってきたそうだ。

そして座右の銘としてきたのは、伝説的プロゴルファーのゲーリー・プレーヤーが言った「一生懸命にやればやるほど、私はますます幸運になる」という言葉だそうだ。

また、軍隊式の学校で学んだことは規律とか自分のエネルギーをもっと効率的に使うといったことより、むしろ交渉術にかかわることだった。それは、実際のところ、ビジネスに関するすばらしい教育だったそうだ。大統領就任直後から、大統領令連発で混乱している面もあるが、有言実行とあのスピード感すごい。おそらくトランプ大統領がビジネスで大成功してきた理由は、ここにあるのではないかと思う。

トランプ相場は、どうやらまだ続きそうだ。NYダウが史上最高値を更新してきたし、為替が円高でも日経平均は下げなくなっている。また3月期本決算企業の第3四半期決算も比較的良い。さらに日経平均が下がれば、日銀が下支えてくれる。これからは2・3月期が本決算の企業を中心に、配当、優待の権利取りの時期でもある。売りが出にくいのではないだろうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT