日系人収容を描いたミュージカル、再上映へ

トランプ効果で脚光

 2月14日、第2次世界大戦中の日系米国人強制収容を描いたミュージカル「Allegiance」(原題)が再び映画館で上映されることになった。トランプ大統領の入国制限令で米国内の世論が分かれる中、本作品への関心が高まっているようだ。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター/COURTESY ALLEGIANCE ON BROADWAY)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 第2次世界大戦中の日系米国人強制収容を描いたミュージカル「Allegiance」(原題)が再び映画館で上映されることになった。トランプ大統領の入国制限令で米国内の世論が分かれる中、本作品への関心が高まっているようだ。

ジョージ・タケイとレア・サロンガ主演で日系米国人の強制収容を描いた本作品は、米大統領選挙翌月の昨年12月に単日上映され、映画館で上映されたミュージカル作品として過去最高の興行収入を記録した。次回は2月19日に全米の映画館500カ所で単日上映される。この日は、旧日本軍の真珠湾攻撃を受けて、ルーズベルト大統領(当時)が日系米国人12万人以上の強制収容を認める大統領令を発令してから75年にあたる。

共同制作者・主任プロデューサーのロレンツォ・シオーネ氏は「いわゆる『トランプ効果』があることは間違いないと思う。トランプ大統領の発言によって引き起こされた事態の深刻さに警戒感を抱いた人々が、わが国の歴史についてもっと学ぼうとしているのだ。『Allegiance』を見ることはそうした方法の1つだ」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。