アウディ、2代目「Q5」の妥協なき正常進化

試乗でわかったドライバーズカーの適性

2016年秋にフルモデルチェンジしたアウディ最新のSUV、Q5にメキシコで試乗した。テストしたのはガソリンとディーゼル仕様の2モデル。果たしてその進化は?

“真の使いやすさ”とは

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2008年に登場したアウディのSUV「Q5」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目へと進化した。2016年秋に開催されたパリ・モーターショーでデビューしたもので、新型は初代モデルのアイデンティティを強く受け継ぎつつも、プレスラインがよりシャープになり、全体の造形もより抑揚に富む。新型A4(2015年に登場)のモデルチェンジ時と同様の手法によりリ・スタイルされた。

初代Q5は、フルサイズ級SUVであるQ7に対して、よりコンパクトなモデルとして人気を博したが、新型のサイズは全長4663×全幅1893×全高1659mmと、従来型とほとんど変わらない。モデルチェンジを繰り返すたびに大型化する傾向がある昨今の自動車開発においては希であり、少なくとも日本の道路事情を考えれば喜ばしいニュースである。「それでも全幅が1.9mもあるじゃないか」というむきは、さらにコンパクトなQ3や、Q2の販売(日本では2017年中に導入を予定)も控えているから、そちらでカバーしようというのがアウディのSUV戦略だ。

インテリアのクオリティで定評あるアウディ車の持ち味は健在で、この新型でもその期待を裏切られることはなかった。特に好感が持てたのは、仕上がりレベルの高さのみならず、各部の操作性がより洗練されたことだ。

次ページドライバー本位の操作性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。