アウディ、2代目「Q5」の妥協なき正常進化

試乗でわかったドライバーズカーの適性

2016年秋にフルモデルチェンジしたアウディ最新のSUV、Q5にメキシコで試乗した。テストしたのはガソリンとディーゼル仕様の2モデル。果たしてその進化は?

“真の使いやすさ”とは

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2008年に登場したアウディのSUV「Q5」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目へと進化した。2016年秋に開催されたパリ・モーターショーでデビューしたもので、新型は初代モデルのアイデンティティを強く受け継ぎつつも、プレスラインがよりシャープになり、全体の造形もより抑揚に富む。新型A4(2015年に登場)のモデルチェンジ時と同様の手法によりリ・スタイルされた。

初代Q5は、フルサイズ級SUVであるQ7に対して、よりコンパクトなモデルとして人気を博したが、新型のサイズは全長4663×全幅1893×全高1659mmと、従来型とほとんど変わらない。モデルチェンジを繰り返すたびに大型化する傾向がある昨今の自動車開発においては希であり、少なくとも日本の道路事情を考えれば喜ばしいニュースである。「それでも全幅が1.9mもあるじゃないか」というむきは、さらにコンパクトなQ3や、Q2の販売(日本では2017年中に導入を予定)も控えているから、そちらでカバーしようというのがアウディのSUV戦略だ。

インテリアのクオリティで定評あるアウディ車の持ち味は健在で、この新型でもその期待を裏切られることはなかった。特に好感が持てたのは、仕上がりレベルの高さのみならず、各部の操作性がより洗練されたことだ。

次ページドライバー本位の操作性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT