楽天、トラベル社長交代は吸収合併の布石

ライバルはグローバル旅行サイト?

いや、そういう話ではまったくない。入社したときの役割は、楽天トラベルの中の編成・マーケティング担当の役員。技術者・プログラムエンジニアのカウンターパートとして、どんなデザインのサイトを作って行くか。それから、ソーシャル(メディア)や検索エンジンに対してどうマーケティングしていくのか、どんなCRM(顧客関係管理)をすればよいのか。エクスペディアやトリップアドバイザー時代から経験してきた。

――では、楽天トラベルに移ったきっかけは?

私は(サイトの開発など)プロダクトをどんどんよくしていくのが好きです。トリップアドバイザーの強みも開発にあり、そこにユーザーの口コミ評価があった。同社で日本語サイトおよびアジアの開発をやってきたが、それが一段落したところで、もう一度原点に返って開発にフォーカスしたことをやるチャンスがないかと、何となく思っていたところに、(転職の)お話をいただいた。

楽天トラベルなら宿泊施設との関係がよいし、社内に開発部隊も抱えている。国内の他の企業と比べると圧倒的に速いペースで開発を進めている印象があった。ただ、グローバルの、本当のリーディングカンパニーと比べたときには、開発ペースなどに、まだまだ発展できる部分は多いのかなと思い、個人的にもすごく面白いなと感じた。顧客との関係やデータ整備を一から始めなくても、どんどん開発を進められる強みもあるし。

グローバル企業に比べれば改善の余地

――「まだ発展できる部分」とは、具体的には?

一つには、グローバルに技術の進んでいる企業のほうが、ウェブ開発において失敗している数がもっと多い。より多くのトライアルをしてより多くの失敗をして、その中からより多くの成功しているものをちゃんと実際のプロダクトにしていく。だからサイトのデザインが変わるペースなどが、より速い。楽天トラベルもかなり早いが、世界一を目指せば、まだまだ改善の余地はある。

もう一つは、(グローバルに技術の進んでいる企業のほうが)コンテンツの中身ではなくてサイトの作りとして、テンプレート化(共通化・標準化)とカスタマイズの部分のバランスをうまくコントロールしている。たとえば新しいサービスを出すとき、70点くらいの完成度だけれど、2カ月でアップしてしまう。特に新しい言語のページを立ち上げる際などのスピード感はめちゃくちゃ速い。

予約サイトのブッキング・ドット・コム(オランダに本社を置くグローバル企業で、世界50カ国に支社を展開)は、すでに40言語でサービスしているが、各国向けのカスタマイズは最小限で、ユーザーの反応を見ながら現地対応するアプローチをしている。

私どももグローバル展開を進めているが、実際に使っていただいた人たちからの声とか、サイトの動線とか、どのページを見たかとか、ずーっと追跡して、「このページでみんな離れていっている」「このページは翻訳が悪いのだろう」といった分析を進めている。文化的にサイトの使い方が異なる点などのデータを基に、現地のプロのサイトと表現を比べて改善するようなアプローチをどんどん強めていきたい。

次ページ三木谷氏からのメッセージは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT