楽天、トラベル社長交代は吸収合併の布石

ライバルはグローバル旅行サイト?

今は旅行を予約するサービスが主軸だが、「旅行に行きたくなるサイト」に進化させることが、差別化の一つだと思っている。お客さんからの口コミはホテル・旅館についてだけでなく、実は観光地についても集めている。これをデータマイニングすれば、「お客さんの口コミから見つける新たな旅館の楽しみ方」という特集をしたり、あるいは観光協会と組んで新たなコンテンツも作れるはず。

むしろ今後は、テレビ番組がライバルになる可能性がある。30分の旅番組に語り尽くせないことも、Webサイトだったらいくらでも掘っていける。

こうした切り口で実現したコンテンツの一つが「朝ごはんフェスティバル」(写真)だ。宿泊施設がエントリーした自慢の朝食メニューに対して、ユーザーが「食べたい」ものへ投票。楽天会員であれば誰でも投票でき、1人で複数投票も可能だ。今年は、当初のエントリー投票期間である2週間でWeb投票が177万票と過去最高を記録した。

たとえば、旅先で朝ごはんを楽しむことを切り口に企画したのが「朝ごはんフェスティバル」。「あ、これおいしそうだから食べに行きたいな」と思ったら、得票が伸びる。そこでは口コミ情報も集めており、実際に食べてガッカリしたら評価が下がるので、だますことはできない。

同様のコンセプトで「気持ちよかった温泉」とか、いろいろな切り口ができると思うし、新しい旅行の形を提案していきたい。

外国客にWiFiルーターを貸し出せば

――インバウンド(海外からの訪日客)を含め国内旅行は好調ですが、観光業界の課題は?

いろいろな言語への対応など、すぐには解けない問題もある。全施設で全言語に対応するのは難しいので、観光地のエリアごとに重点言語を絞り込んでみてはどうか。実際に来られる方の母国は偏っている。1施設で見ていると、よくわからなかったりするので、観光協会などと協力して、より大きなエリアで集中させてもいい。

もう一つ個人的に感じているのは、インバウンド客の使うスマホのデータ通信料が高いこと。ローミングフィーは、どの国からくるかで異なるが1日1000~2000円かかるケースが多い。だから通話だけ生かして、スマホのデータ通信を止める方が多い。ホテルではWiFiが通じていても、屋外に行ったら使えない。これは国として損だと思う。

次ページ日本のよさを外国人に発信してもらう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT