楽天、トラベル社長交代は吸収合併の布石

ライバルはグローバル旅行サイト?

海外旅行の8割は自国から近い周辺国

――海外展開も加速しそうです。

楽天グループのeコマースやコンテンツを総合して「楽天経済圏」と呼んでいる。将来的には各国にこの経済圏を構築するのが理想だが、進出の順序などは現地の実情に合わせて柔軟に戦略を考えていく。

楽天トラベルの場合、日本人客向けに海外の宿の予約枠を「仕入れ」ている。シンガポールのホテルには、インドネシアやオーストラリアから来る人も泊まる、と考えれば進出はしやすい。あとは言語・通貨の問題と、現地でのマーケティングの問題。

ただし、進出範囲には制約がある。アジアの人が行っている旅行先はアジアが圧倒的に多い。日本人だって、これだけいろいろな海外に行っているといっても、ハワイからオーストラリア、東南アジア、中国、韓国までを円で囲ってしまうと、海外旅行全体の8割以上を占めてしまうのではないか。

だから、楽天トラベルの海外戦略も、アジア・太平洋圏内での(宿泊施設の)仕入れを横に伸ばしていく。

ライバルはじゃらん?エクスペディア?

――今後のライバルは、じゃらん(国内旅行に強い、リクルートグループの宿・ホテル予約サイト)よりエクスペディア(山本社長の古巣、世界最大のグローバルな旅行予約サイト)?

ライバルを名指しで挙げることはしない。が、楽天トラベルの強みを海外へも広げたいという意味では、グローバルな予約サイトが、ライバルになる。ただ、国内ユーザーに一番喜んで使っていただいているので、国内で一番使いやすくて、一番よいサイトにしていきたいという思いは変わらない。

次ページライバルはむしろテレビ番組!?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT