楽天、トラベル社長交代は吸収合併の布石

ライバルはグローバル旅行サイト?

楽天の前2012年12月期は、インターネットサービスのセグメント利益586億円のうち、楽天トラベルが108億円を稼ぎ出した。楽天トラベルはもともと、日立造船系の予約サイト「ホテルの窓口」が主な母体で、当時はビジネスホテル中心にサラリーマン層の利用が多かった。01年にサービス開始した旧楽天トラベルと03年に統合、国内に加え海外6万軒の契約施設を抱える。

施設とユーザーの情報、両方充実が強み

逆に、楽天トラベルの場合、コンテンツの意味ではすごい。施設さんが入れてくれた本当にお勧めの情報などは、カスタマイズの必要がない。スピードが速くて、よい機能をこちらで提供し、契約施設や観光協会が、彼らしか知らない情報を加えることで、スピード感とカスタマイズを両立するのが楽天トラベルのユニークさ。豊富な情報によって売りやすくなる仕組みができあがっているサービスは、グローバルで見ても例がない。

――今回の社長人事に絡んで、三木谷(浩史・楽天会長兼社長)さんとはどんな話を。

これまでの成功を生かして、国内施設との関係や営業面での資産を活用しながら、スピードアップしてくれというメッセージを聞いている。今回の人事の意思決定の速さには正直驚いたし、このスピード感は、私がプロダクトを変えてきたスピード感以上に早いなと。

今まで以上にトライアルして、それが正しいのかどうかを測る仕組みだけ作っておいて、違ったものはすぐ修正しながら、かつ失敗を気にしないカルチャーをより明確にしていく。外から入ってきたから見えるが、当社には社員が理解しきれていない強みがある。それを10%伸ばせば、お客さんに10%余計に喜んでいただける。

――社員の気づいていない強みとは何か。

いくらでもあると思う。まず、楽天グループの会員基盤を持っていて、リピーターの数がすごいこと。また、国内の宿泊施設の口コミ情報が多いこと(670万件)。その口コミ情報の文章も長く、クオリティ・量ともに国内最大級だと思っている。にもかかわらず、施設やオーナー側のメッセージも充実している。利用者が気づきにくいメリットをオーナー、施設から情報として入れてもらってこそ、サイトが生きる。

「今度こういうプランを始めました」とか、「近所にこういう施設ができたから、そこにも行ってみてください」のような情報と、「行ってよかったです」という口コミ。利用者側、施設側、両方からの情報が随時アップデートされているサイトは、世界でも本当に例を見ない。

次ページライバルはじゃらん?エクスペディア?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT