「やるしかない」、財政目標はまだ達成可能だ

目標未達なら「アベノミクスは失敗」の結論に

「経済再生なくして財政再建なし」が安倍首相の方針。石原伸晃経済再生担当相(左)は2020年度のプライマリーバランス黒字化目標について「やるしかない」と答えた(写真:共同)

「やるしかない」

1月25日、経済財政諮問会議後の記者会見で石原伸晃経済再生担当相は、こう答えた。同日の経済財政諮問会議で、内閣府による「中長期の経済財政に関する試算」(以下、「中長期試算」)において、2020年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字が8.3兆円に拡大することが示されたため、記者から「2020年度の黒字化目標の達成が難しいのではないか」との質問が出たことへの回答だった。

「中長期試算」は、年2回改訂される。今回は1月22日国会提出の2017年度政府予算案を踏まえて試算し直した結果が公表された。

昨年7月の同試算では、2020年度の基礎的財政収支は、経済再生ケースで5.5兆円の赤字と報告されていた。その経緯は、本連載の記事「消費増税延期でも『赤字減少』試算のからくり」でも詳述した。

税収の伸び悩みで財政収支見通しが悪化

この連載の過去記事はこちら

政府が黒字化を目標として掲げている2020年度の基礎的財政収支は、昨年7月の試算で5.5兆円の赤字だったが、この1月の試算では8.3兆円の赤字に悪化したのだ。

悪化の最大の要因は、税収の伸び悩みである。特に、2016年度の税収が予想を下回る見込みとなり、それが今回の試算に反映されたため、2020年度の税収が昨年7月試算よりも減る予測となった。これが、基礎的財政収支赤字拡大につながった。

2020年度まであと3回しか予算編成が残されていないのに、8.3兆円も赤字が残る見通しならば、それを黒字化するのは困難ではないか、との見方が、冒頭の記者の質問にもつながっている。2020年度の財政健全化目標を取り下げてはどうか――、そんな声さえ出始めているという。今年の通常国会における恒例の施政方針演説で安倍晋三首相は「財政健全化目標」に一切言及しなかったこともあって、そうした憶測が広がった。

次ページ赤字8.3兆円の意味
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。