「やるしかない」、財政目標はまだ達成可能だ

目標未達なら「アベノミクスは失敗」の結論に

「経済再生なくして財政再建なし」が安倍首相の方針。石原伸晃経済再生担当相(左)は2020年度のプライマリーバランス黒字化目標について「やるしかない」と答えた(写真:共同)

「やるしかない」

1月25日、経済財政諮問会議後の記者会見で石原伸晃経済再生担当相は、こう答えた。同日の経済財政諮問会議で、内閣府による「中長期の経済財政に関する試算」(以下、「中長期試算」)において、2020年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字が8.3兆円に拡大することが示されたため、記者から「2020年度の黒字化目標の達成が難しいのではないか」との質問が出たことへの回答だった。

「中長期試算」は、年2回改訂される。今回は1月22日国会提出の2017年度政府予算案を踏まえて試算し直した結果が公表された。

昨年7月の同試算では、2020年度の基礎的財政収支は、経済再生ケースで5.5兆円の赤字と報告されていた。その経緯は、本連載の記事「消費増税延期でも『赤字減少』試算のからくり」でも詳述した。

税収の伸び悩みで財政収支見通しが悪化

この連載の過去記事はこちら

政府が黒字化を目標として掲げている2020年度の基礎的財政収支は、昨年7月の試算で5.5兆円の赤字だったが、この1月の試算では8.3兆円の赤字に悪化したのだ。

悪化の最大の要因は、税収の伸び悩みである。特に、2016年度の税収が予想を下回る見込みとなり、それが今回の試算に反映されたため、2020年度の税収が昨年7月試算よりも減る予測となった。これが、基礎的財政収支赤字拡大につながった。

2020年度まであと3回しか予算編成が残されていないのに、8.3兆円も赤字が残る見通しならば、それを黒字化するのは困難ではないか、との見方が、冒頭の記者の質問にもつながっている。2020年度の財政健全化目標を取り下げてはどうか――、そんな声さえ出始めているという。今年の通常国会における恒例の施政方針演説で安倍晋三首相は「財政健全化目標」に一切言及しなかったこともあって、そうした憶測が広がった。

次ページ赤字8.3兆円の意味
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT