iPhoneが世界トップの座に返り咲いた理由

カギ握る新機種には有機ELを採用か

 2月1日、米アップルはiPhone「7」と「7プラス」の10─12月期販売が予想を上回り、世界のスマホ出荷台数で首位の座に返り咲いた。写真は「7」。仏ボルドーで撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

[1日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>はiPhone(アイフォーン)「7」と「7プラス」の10─12月期販売が予想を上回り、世界のスマートフォン(スマホ)出荷台数で首位の座に返り咲いた。

これについてコーエンのアナリスト陣は顧客向けノートで、「7」と「7プラス」は2017年に見込まれる好調な販売サイクルまでの谷間を見事に埋める役割を立派に果たしている、と指摘した。

実際に今後の販売が大きく上向くには、初登場から10年目となる次世代のiPhoneが画期的な進化を遂げる必要があるだろう。アナリストによると、新機種には有機ELディスプレーが採用されるなどの目玉があると期待される。

新型iPhoneは9月に発売されるのが通例。その後の年末商戦で売れ行きが大幅に伸びて、次の数四半期は顧客がさらに次の機種をにらんで買い控えるために、販売台数が伸び悩む。

そして新型のデザインが著しく刷新されている場合、既存のiPhoneユーザーは機種更新を決める傾向がある。実際、アップルの売上高が直近で急増したのは、2015年にiPhone「6」を投入した局面だった。

モルガン・スタンレーのアナリスト陣はノートに「(新型の)形状がかなり変わるという要素に対して潜在的な需要が集まり、iPhoneの販売台数の伸びが加速する公算が大きい」と記した。

こうした状況を受け、少なくとも証券12社がアップルの株価目標を引き上げた。スタイフェル・ニコラウスとRBCキャピタルは最も強気で、引き上げ幅は15ドルに達している。株価目標の中央値は139ドル。2月1日の日中取引終値は128.75ドルだった。

一方、投資判断の変更は見られない。現在アップル株をカバーするアナリスト48人のうち、「買い」ないしそれ以上としているのは39人、「ホールド」は8人、「売り」は1人だ。

(Supantha Mukherjee、Rishika Sadam記者)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。