ヤフオクがフリマへ「ついに本格参入」の真意

ユーザーの高齢化を食い止める武器になるか

「すぐ買えるものだけ探せる?それもうオークションじゃないよね」と、かわいいキャラクターが突っ込む新CMもスタート(写真:ヤフー)

いよいよインターネット界の巨人が動き出した。2月2日、日本最大のネットオークションサービス「ヤフオク!」を運営するヤフーが、同サービス内でフリーマーケット(フリマ)の機能を本格展開すると発表したのだ。

半年間のテストを経て、すべてのデバイスで開始

ヤフオクで出品を行う際、従来ならプレミアム会員(月額462円)への登録が必須だったが、今回新設された「フリマ出品」を選択すれば登録せずに無料出品できる。加えて、フリマ出品では売り手が設定する即決価格一本で売るため、オークションのように入札・競りの期間(13時間~7日間)を待たず、すぐに売買できるメリットもある。

ヤフオク内では2016年6月から、これと同じ機能である「ワンプライス出品」をスマホアプリ限定で試験展開してきたが、これをPC版のウェブサイトも含め、今月からすべてのデバイスで利用できるようにした。

同時に、買い手が閲覧する商品一覧の画面には「フリマモード」への切り替え機能を追加。通常モードから切り替えると、即決価格が設定されているものだけに絞って一覧表示できるようにしている。

フリマアプリはここ数年、ユーザー数や売買高を劇的に伸ばしている。その先頭を走るのが2013年7月にサービスを開始したメルカリだ。アプリのダウンロード数は日本で4000万、アメリカで2000万を超え、流通額は1月当たり100億円に上る。

次ページ有料会員になるユーザーも増えた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT